記事提供:Entame Plex

5月29日、AbemaTVのAbemaNewsチャンネルで『AbemaPrime』が放送され、MCとして村本大輔、レギュラーにタレントの池澤あやか、元NHKアナウンサーの堀潤、博報堂ブランドデザイン若者研究所の原田曜平、ゲストとしてセクシー女優の吉沢明歩が出演。

小松靖アナウンサー進行のもと、注目のニュースについて議論した。

番組中盤、Twitterのトレンドワード1位となっていた「フライドポテト」について深堀りすることに。

このトレンドワードの背景には、飲み会での注文を巡る思わぬトラブルが。

新入社員が上司との飲み会において、「何でも好きなものを頼め」と言われたのでフライドポテトを注文したところ、「いつまで学生気分なんだ」と上司に激怒され、結局は漬物や刺身の盛り合わせなどを注文することになったのだそう。

その新入社員が「“好きなものを頼め”と言われたからフライドポテトを注文したのに、何がいけなかったのか?」と、Twitter上で疑問を投げかけたことがきっかけとなり、インターネット上では「上司の好きそうなものを頼むのが正解」、「フライドポテトを頼むのは上司の人間性をあぶりだすいい方法」などと、様々な意見が飛び交っていた。

この話題に村本は「後輩は、僕とご飯に行くの嫌なんですよ」と、後輩が村本と一緒に飲みたがらないのだと話しはじめ「好きなもの頼みやって言うけど、本当に好きなもの頼んだら僕が怒るから。頼むとしたら、俺と同じやつもしくは1個下ランクの料理であるべき」と、後輩の注文した料理の値段を気にしていることを告白。

「俺より値段が高いものを頼みだしたら、“お前本当に好きなもの頼んでるな、これ食べたかったら売れてからにしろよ”と、叱っている」と話した。

それに対し「それは、業界の掟を教えるという意味でね」と、小松アナがフォローするも、村本は「そう言い続けたら陸の孤島くらい独りになってしまった」と自虐的に語り、スタジオは笑いに包まれた。

(C)AbemaTV

権利侵害申告はこちら