『オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』(中井信之/ワニブックス)

「この世の中には、2種類の女子がいます。美人オーラを放つ女子。非モテオーラを放つ女子」らしいのだが、あなたはどっちに分類されるだろうか?

ここで「美人です!」と即答できた方は、もう読む必要はありません(回れ右!)。たいていの方は「非モテ」だと自己評価をするだろう。

だがもしも「美人オーラ」を「誰でも」獲得できるとしたら、そりゃあ「美人オーラを放つ女子」になりたいはず。

そしてその「美人オーラ」が持って生まれた「顔」や「スタイルではなく、「しぐさ」で操作できるなら、真似しない手はない。

オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑』(中井信之/ワニブックス)は、芸能人の原石を5000人以上磨き上げたというポージングディレクターの著者が、「美人オーラ」は「女性の『隙』のあるしぐさ」から生じるとして、好感度を格段にアップさせる「しぐさ」を大公開しているイラスト満載の一冊だ。

「美しいしぐさ」の基本は、「HKK」(ヒネル・カサネル・カタムケル)。この「HKKの法則」を意識することが第一歩。

ヒネルは「セクシーさ」、「カサネル」は「上品さ」、「カタムケル」ことで「かわいらしさ」をそれぞれ演出することができるとか(詳細は本書を!)。

HKKの法則を理解したら、お次は具体的な「ワザ」を学ぶべし。本書の一部をご紹介しよう。

・美人の基本!歩き方は「モアイウォーク」&「ニーキッス」で決まり!!

「歩く姿」は基本にして最も大切な「しぐさ」だ。そこで参考にしたいのが「モアイウォーク」。

(1)モアイ像のように頭を後ろにカタムケル(頭の重みをうしろに乗せる)。
(2)アゴを引いて正面を見る。
(3)重心をうしろに倒し、腰から前へ進む(左右のヒザを離さないように。ヒザ同士がキスをするように歩く)。

出典 https://ddnavi.com

以上を意識して、「前のめり」や「反り腰」といった間違った歩き方から脱却を。それだけで、印象は大きく変わるだろう。

・揺れるまなざし≪瞳バイブレーション≫は、視線だけで相手を恋にオトす?

男性をドキッとさせるしぐさの一つとして、「瞳バイブレーション」がある。気になる相手ともっと親密になりたい時、相手の近い距離に入り、目を揺らすと「うるうるとした瞳」を演出することができる。

やり方は、

(1)相手をじっと見つめる。
(2)顔は動かさないようにする。
(3)相手の右目→左目→右目を交互に見る。

出典 https://ddnavi.com

瞳バイブレーションのワザにかけられた男性は、「なんだか分からないけれどソワソワした気分」になってしまうとか。気になる異性をじっと見つめるのは難易度が高いかもしれないが、気になる男をオトしたいなら実践あるのみだ!

・自然なボディタッチは、やっぱり男性に効果大!「忍びタッチ」で極意を学べ!!

「男性は触られた瞬間にあなたを意識し出す」そうなので、気になる相手には積極的にボディタッチを繰り出したいもの。けれど、「どういうタイミングで?」「不自然じゃないかな」と悩む女子も多いだろう。

「忍びタッチ」はごく自然なボディタッチ技の総称だ。たとえば「笑いながら肩にもたれて話す」「ツッコミとしてのタッチ」、彼の洋服の乱れを直すフリをした「エリ直しタッチ」や「フード直しタッチ」などが挙げられる。

以上、どうだろうか。参考になりそうなものはあっただろうか。

「瞳バイブレーション」や「忍びタッチ」は上級者向けだし、「今は気になる人がいない」方にはすぐに使えない技だったかもしれない。

だが、本書には「座り方」「コートの脱ぎ方」「スマホの打ち方」など、日常動作での「魅力的なしぐさ」も書かれているので、「モテ」とは関係なしに、「男女問わず、相手に好印象を与えるステキな女性」に近づきたいのなら、読んでおいて損はないだろう。

権利侵害申告はこちら