アメリカのオーディション番組『America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)』で、オクラハマから来た12歳の少女・ダルシーちゃんが大きな注目を集めました。

ダルシーちゃんは、かわいいウサギの人形と一緒に登場。「それはなに?」と聞かれると、ダルシーちゃんではなくウサギが「ペチュニア」と自己紹介。どうやら腹話術を披露するようです。

なんとも可愛らしいペアに、審査員もなごやかな雰囲気に。

しかし、パフォーマンスが始まってすぐ、場内の雰囲気が一転。なんと腹話術のペチュニアが歌いだしたのです。

その歌声を聞いた途端、観客はもちろん、審査員たちも信じられないという驚きの表情に。

その理由は、目の前にいる12歳の少女が歌っているとは思えない迫力のある歌声。しかもその歌は、腹話術で歌われているのだから、驚かずにはいられません。

腹話術で歌うだけでも素晴らしいテクニックなのに、これだけの歌声が聞けるものなのでしょうか。本当に信じられない!

しかもウサギのペチュニアは、ダルシーちゃんが歌おうとしたのを遮って自分が歌ったりとなんとも自由。

それをうけてダルシーちゃんもこの表情。12歳の少女とは思えない生き生きとしたパフォーマンスに、誰もが釘付けになっていきます。

そして想像を超えた素晴らしいパフォーマンスが終わると、2階席の観客まですべでが総立ちに。

厳しいことで知られる審査員のサイモンも、立ち上がって惜しみない拍手を送ります。

大きな拍手と歓声に、思わず涙が溢れてしまうダルシーちゃん。大人顔負けのパフォーマンスをみせてくれたダルシーちゃんですが、こんなところが純粋な12歳の女の子という感じですね。

そして、そんな様子を笑っちゃうペチュニア!感極まっていても、観客を楽しませようとするところがなんともニクイ。

鳴り止まない拍手と声援の中、なんとメラニー・ブラウンがゴールデンブザーをプッシュ。審査員の誰か1人でも押すと、そのまま予選通過が決定するこのゴールデンブザーは、各シーズンで1度しか使えないもの。それこそ、スペシャル中のスペシャルなものなのです。

この展開に、もう溢れ出る涙を抑えきれなくなったダルシーちゃん。ペチュニアも嬉しそうです。

圧巻の歌声をぜひ動画でお聞きください!

出典 YouTube

その可愛らしすぎるパフォーマンスと、圧巻の歌声で審査員と観客のハートを撃ち抜いたダルシー&ペチュニアのペア。可愛いスター候補がどこまで勝ち進むことができるのか、これからも注目です!

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら