メキシコに住む22歳の先住民女性が、全長50km越えの「山岳ウルトラマラソン」に出場。名立たるアスリートたちをはねのけ、見事に優勝を果たしたというまるで映画のようなお話。これが「凄すぎっ!」「こんな事ってあるんだな」と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

4月29日にメキシコ中部「プエブラ」で開催された山岳マラソン

「UltraTrail Cerro Rojo」

ちなみに、42.195kmを超える道のりを走るマラソンのことを「ウルトラマラソン」というのですが、そのウルトラマラソンよりも、さらに過酷と言われているのが、山を越え、谷を越え、時には道なき道を進む「山岳ウルトラマラソン」。

舗装されていない道路。こんなのは当たり前!

足を滑らせたら谷底に落っこちてしまいそうな細い道や…

明らかに古そうな吊り橋。

さらに川の中だって突き進む!

こんな悪路を42.195km以上走る「山岳ウルトラマラソン」。いかに過酷かわかって頂けたかと思いますが、そんなタフなマラソン「UltraTrail Cerro Rojo」に出場したのは、北部チワワ州の先住民“María Lorena Ramírez(22歳)”さん。

緊張した面持ちのMaríaさん。

なお、この大会には世界12ヵ国から500名を超える体力自慢のアスリートが集結!

Maríaさんは女子部門にエントリーすることに。

標高2000m付近からスタート。一旦2300m付近まで登り、一気に標高700mまで下山。再度2000mまで戻るという地獄のようなコース。

日々、トレーニングを積んでいる方でも泣きそうになるハードコースですが…

Maríaさんは専門的な訓練等は一切受けず、サンダルにスカート姿で参加。山を越え、谷を越え、過酷な道のりを走り続けます。

リサイクルタイヤのゴムで作られたサンダル。また、他の参加者がエネルギーを補うことが出来る食料や専用のドリンクを用意する中、水だけを持って参加したというMaríaさん。

圧倒的に厳しい…この状況。

しかし、Maríaさん。そんなハンデをものともせず、2位をぶっちぎりで突き放し…

なんと見事1位に!

山岳コース50kmを7時間3分で走破したMaríaさん。賞金6000ペソ(約36000円)を獲得。

※メキシコ人の平均月給は約7000ペソ(約41000円)位だそうです。

実はMaríaさん。山岳100kmマラソンでも2位になっていた!

2016年にチワワ州で開催された山岳ウルトラマラソン「Ultramaratón Caballo Blanco(全長100km)」でも2位に輝いていたMaríaさん。その時も、今回と同じような服装でチャレンジしたとのことです。

普段は、山岳地でヤギや牛を放牧する仕事をしているというMaríaさん。

今回のマラソン大会出場にあたり、特別なトレーニングはしてこなかったそうですが、毎日(仕事で)山岳地を10~15kmほど歩いているというMaríaさん。

その環境こそが立派なトレーニングになっていたんですね。

専門的な訓練は一切受けず、誰の助けも借りずに大会に参加、ぶっちぎりで優勝したMaríaさん。これは山岳ウルトラマラソンの伝説として未来永劫語り継がれていくことでしょう。

「これからも山岳ウルトラマラソンに出場するわ!」

と地元のメディアに語っていたMaríaさん。ひょっとすると数年後はオリンピックに出ているかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら