「地球は1周4万km」というのは周知の事実ですが、ではなぜ「4万km」という切りのいい数字なのでしょうか?

そんな素朴な疑問に答えてくださるのは、無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』の著者・須田將昭さん。とても馴染み深いメートル法の知られざる秘密が紹介されています。

地球の1周4万km

先日のメルマガの中で、さらっと「地球の1周は約4万km」と書きました。地球は人類が直接触れることのできるもののなかで最大の「物質」と言えます。その円周が約4万kmとはやけに切りがいいですね。

正確には、地球は球形ではなくやや極方向に潰れているので、

・赤道方向での周囲 約4万77km
・極方向での周囲 約4万9km

となっています。少し細かく見ても誤差程度。これはなぜかというと…。

そもそも「m(メートル)」という単位が、地球の周囲の長さを基準に作られた単位だったからです。18世紀の終わり頃のことです。それまでは各国で長さの単位は異なっていました。

しかし、世界は大航海時代を経て、物理的、時間的な距離感は縮まりました。長さの単位がまちまちでは不便になってきました。そこで統一した規格を作ろう…ということになり、さまざま議論を経て、

地球の子午線の長さを4,000万分の1にしたもの

としようということになりました。

なぜ赤道ではなく子午線を基準にしたのか

赤道上の長さを基準にしなかったのは、地図をみればわかりますが、赤道上は熱帯雨林や海が広がり、測量するのは非常に困難であることは予想できます。

そこで、北極からフランスを通って赤道に至るまでの距離を測定し、それを4倍にしたものを「子午線の全周の長さ」として、そこから「m」の長さが決まりました。

当時の測量の結果によって、地球の1周は約4万kmだとされたわけですから、やけにきりがいいのも頷ける話です。

ちなみに、「地球の半径」が約6,400kmという話も書きましたが、それも円周から割り出した数値です。もし半径の方が簡単に求められるなら、そちらが基準になっていたかもしれませんね。

メートル法は、のちに世界中に広がっていきますが、今なお、アメリカはヤード・ポンド系の単位を使っています。

イギリスも同じなのですが、実際の長さは微妙に違うようで、そこは注意してみないとサイズを勘違いしてしまいます(イギリス、アメリカ製の衣料品などを見るとわかります)。

また、今は実際の円周の長さではなく、メートルは、1秒の299,792,458分の1の時間に光が真空中を伝わる行程の長さである、という風に定義し直されています。

権利侵害申告はこちら