記事提供:messy

ママ友トラブル、ママカーストなど、常日頃から主に女性誌で特集が組まれる『ママ友』ネタ。

幸い、筆者にはママ友がとても少ないのでトラブルが起こる余地がいまのところはほぼないのであるが、いつまでもそうはいかないのかもしれない、と、こうした特集を目にするたびに思う。

なにしろ子供が小学生になったら否応なしに保護者同士の共同作業が発生し、付き合わなければいけなくなるらしい。

親になった途端に誰でも温厚な常識人に生まれ変われるワケがなく、非常識だったり価値観が全然違ったり距離感が思いきり合わなかったりする人と「ママ」なだけで友達になれ、なんて無茶苦茶だが、仕方ない。

こんなママには極力出会いたくないな…そう思ったトピを今回は紹介したい。

ママ友に嫌われたのでしょうか?

トピ主(女性・既婚)の娘は今年中学に入学した。その娘の『1学年年上のお嬢さんのお母様』(Aさん)に嫌われたようで、困惑しているのだという。

Aさんとはトピ主の娘さんが幼稚園に入園したころからの知り合いで、園のことや小学校のことをいろいろ教えてもらった。といっても普段から付き合いがあったわけではなく、園や学校で顔を合わせたときに質問をする程度の仲だ。

「が、もっといろいろ教えていただきたいと思い、昨年Aさんのメールアドレスをお聞きし、それ以後、中学のこと…入学準備や学校生活のことなど…を教えていただいています」

Aさんは「娘のことはほとんど娘に任せっきりで」と言いながらも詳しく教えてくれていて、トピ主は助かっていたらしい。ところが最近、Aさんからのメールの返信が遅くなった。

「以前は、その日のうちに返信をいただいていたのですが、最近では早くて翌日。数日かかることもありました。文面も心なしかそっけなく感じます」

トピ主があれ?と思っていたところ、先日、学校で会ったAさんから次のようなことを言われてしまった。

「いろいろお聞きになりたいのはわかります。でも、うちは本当に娘のことは娘に任せていて、メールをいただいても娘に確認してからでないと返答できず、お待たせして申し訳なく思っています。お嬢様ももう中学生ですから、先生、同級生、先輩方にお聞きになる方が早いかと思います。親が先回りして解決してあげる時期は過ぎたのではないでしょうか」

ここでトピ主は叫ぶ。

「Aさんのお嬢さんはしっかりしていて、ご自分の力で大丈夫なのだと思います。でも、うちの娘は早生まれで中一とはいえ12歳になったばかり。親離れはまだ無理です。これからもAさんを頼ろうと思っていたのに…」

やはりAさんに嫌われてしまったのか?という相談だ。

う~ん嫌われてるっていうか単純にウザがられてるんじゃないですかね。入学準備や学校生活のことを毎回細かく確認されても困るだろうな~、Aさん。学校に聞けばいいんじゃないのってことが半分以上ありそう。

つまり人に聞くより自分でちゃんと調べろよ、と。でもってそれを「嫌われた」と解釈するのもまたちょっとウザい。うん、トピ主がウザい人なだけじゃないか?

コメント欄はいたって冷静、かつ批判的。Aさんとの関係というよりも「娘さん自身にやらせればいい」というものが非常に多い。

「中一にもなって早生まれ関係あります??ビックリです。どれだけAさんに事細かく、しつこく質問されていたかが、よーく分かります。嫌われるというか、我が子かわいさで、人の迷惑お構いなしに聞きまくるから、疎まれているんですよ。そうやって、お子さんを自分では何もできない子にしてしまったんですね」

「いつまでも、親が手を貸していたら、自立できない甘ったれた子になりますよ」

「Aさんに嫌われてしまったとか、そういう話じゃないでしょう。『自分の事は自分で解決しろ』って事ですよ。Aさんに頼るトピ主さん、あなたに頼るお嬢さん、ソックリですよね」

でもこの手のトピ主はコメントを真摯に受け止めることはしない。やはりトピ主レスで反論を始めた。

まず、Aさんに質問しているのは、この3月4月は多かった(と言いつつ回数は書いていない)が、普段は月に2度ほどである、わからないから教えていただくのは普通のことではないのか、などだ。

そして質問の内容についても反論した。

「説明会等でわかるようなことは聞きませんよ。私が聞いたのは、そういった説明ではわからないことです。例えば、『給食当番は三角巾を用意すること』とあったので、『どういう三角巾をお使いですか?』とか『指定の通学カバン以外にサブバッグを使用してもよい』とあったので、『どういうカバンをお使いですか?』という感じです。細かく規定されていなくても暗黙の了解で『こういう物はNG』というのがあるのではないですか?それを教えていただきたかったのです」

さらにレス連投で反論が続く。

「入学早々必要となるものですから、入学後に先生や同級生に確認するのは無理です。だから、Aさんにお聞きしたのです」

「Aさんのお嬢さんは、娘と校内ですれ違ったときに『わからないことがあったら聞いてね』と言ってくれたそうです」

「早生まれ関係ないと言いますが、娘は4月が予定日で、本来なら現在小学校6年生のはずだったんです。少し早く生まれてしまったせいで一つ上の学年になってしまい、ずっと小さく、周りと比べて成長が遅く、ずっとはらはら心配しながら過ごしてきました。この気持ちは経験した者でないとわからないと思います」

「日ごろのお礼も兼ねて、先日学校の集まり(午後)前にランチにお誘いしましたが断られ、諦めきれず『お茶だけでも構いません』とメールしたら、当日トピ文のことを言われました。このままではお礼もできませんし、数週間後に迫った中間テストのことも伺いたいので、本当に困っています」

中間テストのことって…何聞くの(笑)。Aさんが面と向かってきっぱり断った理由がよくわかる。

というよりも、トピ主は客観的に見て娘に世話を焼きすぎではないか?準備する品々も、買ってみて他とちょっと違うものだったとしたら買い直せばよいし、学校指定ものも以外であればそんなに気にすることはないように思うが…。

過剰な心配性だったり、自分の選択や判断に自信を持てない人なのかもしれない。

このままコメント反論トピ主として突っ走るかと思いきや、最後のレスで、妹に叱られたことを明かした。

「GW中に帰省し、妹にこの件を話したところ、皆さんの指摘と同じことを言われました。入学準備のことをあれこれ聞きすぎる…と。

『任意申し込みの保険とか制服のオプションは任意なんだから自分で決めればいいのにAさんは申し込まれましたか?何を買いましたか?とか、三角巾だって白でないと怒られますか?とか鬱陶しい。

私がこんなメールもらったらキレる』とまで言われ、へこみました。娘は、先日Aさんのお嬢さんにテストのことを教えてもらったそうです。もう私がAさんに聞くのはやめます」

任意で良い、とされるものまでAさんに助言を求めていたのかトピ主は…。娘の自立よりも自分の自立を意識した方が良い。妹さん、グッジョブ。

私だけ無視、ママ友、恨みが消えない

「どんな人にも、素晴らしい態度で接して、みんなに好かれているママ友がいます。私は、その人に初めて会ってから、なぜか距離を置かれています」

こんな深刻な書き出しから始まった。トピ主(女性・既婚)には、子供と同じ幼稚園に通うお子さんがおり、同じマンションに住むママ友から、ひとりだけ無視をされているというのである。

会った時も挨拶程度で、特に何もしていないが、嫌われてるという。ママ友はみんなに好かれているため、トピ主の話を信じてくれる人はいない。なので、誰にも話さず、悩んでいる。

最初はどうして嫌われてるのかと、とても悩んだらしいのだが、だんだんそれが、恨みに変わってしまった。接点が多いため、関わりたくなくても毎日見てしまうのが苦しいという。

「恨みの消し方、教えてください。みんなの前では、うまい具合に接しくるので、私が裏で無視されてるのは、みなさん分かりません。こういう裏があるのも許せないんです。馬鹿にされてる気がします。こんな私ですが、普通にママ友はいます」

という相談だ。トピ主には何か思うところがあるのか。しかし直接対話もないままに恨みだけを募らせるとは、ちょっと恐ろしい。コメントも「気にするな」という声が大多数。

「同じマンションで幼稚園なら仲良しか、全く関わり持たないか、どちらかと思います。貴女の恨む彼女は、後者を選択しただけ。別に恨むとか少し大袈裟です」

トピ主レスはすぐに書き込まれた。

「挨拶程度というのは、初めて会った時に、自己紹介したぐらいということです。親の影響か、子供同士も仲良くないので、助かってますが。

ママ友の狭い世界で、こんなに悩むのは馬鹿みたいと思うのですが、こんなに露骨に態度を変えられると、凹んでしまいます。黒い感情が湧いてる状態も、ストレスです。

気にしない強い心がないととは思いますが、限界です。気持ちが凹むと、子供にも、当たってしまったりします。旦那には、暇だから、余計なこと考えてと、あまり聞いてもらえず、こちらに投稿させていただきました」

トピ主の思い過ごしでなく本当に態度が違うのであれば、自分だったら「私何かしましたかぁ~」と聞くかもなぁ。コメントは引き続き「気にするな」という声で溢れる。

「もしかして主さんは相手のママさんととても仲良くなりたいのに、相手の反応がイマイチだとか、向こうから積極的に声を掛けてたり誘ったりしてくれない、だから意地悪されている嫌われていると思っているのではないでしょうか?」

「あれこれ理由を詮索してもしかたがないので勝手にすればいい、と割り切ればいいのでは。トピ主さんの話を信じてくれる人がいないのが事実なら悲しいですが、それも仕方ない、と思うしかないのでは。馬鹿にされてるなどと思わず、他のママ友との交友をエンジョイしましょう」

「ママ友って、ただの通りすがりの人に近いですよ。たまたま、そういう人に出会ってしまったのです。仲良くしなきゃと思うと恨んでしまうお気持ち、お察しします。あなたも、その人はゆる~く無視して、他の人と楽しく過ごしませんか。気にしてたら、それこそ相手の思うつぼのような気もします。気持ちをよそに向けましょうよ」

確かに確かに。パートなど始めてみると良いのでは?なんてコメントしたくなるほどである。

「具体的には、公園でたまたま一緒になった時(周りにたくさん人がいる)は、満面の笑みで、話しかけてきます。でも、エレベーターで乗り合わせた時(他に人がいない)は、無視です。

だから、最初はよく分からず、戸惑いました。99人にいい顔をするのに、どうして私1人にだけ、こういう態度なんだろうと、悲しくなります。恨むというより、憎しみですかね。

固執してしまうのは、あまりの極端な態度に衝撃を受けたからです。理由が知りたいと思うからです。暇過ぎですね、やっぱりパートを探します」

と、トピ主もパートを探すことが解決策のひとつであると分かっているようだ。

「無視する理由なんか考えたって仕方ないし、仮に理由判明しても納得いきますか?そもそも同じマンションにいるからって、お友達になれるわけじゃないし、それだからこそ適度な距離がいると思いますよ。子供に当たるのもやめましょうね。他に考えることないんですか?ご主人が会社の人に無視されたといって当たり散らしてきたらどう思います?」

その通り!コメントにもあったが、『ママ友』という関係ですらない、「ただの近所に住んでる人」ではないか。別につるむ必要はないだろうし、放っておけば良いのでは…としか思えない。ところが、トピ主レスにちょっと気になる書き込みがあった。

「私のマンションは、マンション内の公園で、各々同じ幼稚園で、まとまって遊ぶ雰囲気が出来ています。地域性なのか、子供もママも、幼稚園同士固まります。私の仲良くしてるママ友は、外部ですし、毎日遊ぶ訳でもないですし。マンション内では、もう正直言うと、孤立してますかね」

孤立しているのがその例のママ友さんのせいで、なんとなく距離を置いてしまうからなのか、それともすでに孤立した状態でそのママ友さんに出会ったのか、そこが分からないのでなんとも言いようがないが、子供が成長すれば進路も変わり、親が見守りながら遊ぶことも減るだろう。あと数年で気が楽になるのではないか。

ただコメントでかなり興味深かったのは『そういう人はいる』というレスである。

「いますよね、そういうひと。私は学生時代、社会人になってからは趣味のサークルでそういうタイプのひとと遭遇しました。よくあったのは、複数で電車に乗ってなごやかに話していたのに、乗り換えで二人になった途端話しかけてもうんともすんとも言わなくなり、ええ~なんだこのひと!?という(笑)」

「私の方が先輩なのに、最初から睨まれたりお稽古中も遠くから度々睨んでいたりと気分が悪かったです。彼女も他の人達には愛想よくしているのに私だけ徹底的に無視でしたよ。気持ち悪いので私も無視してました。

そこに存在しない様に。続けてたら全然気にならなくなって、他の人達と楽しく笑ってやってたら次第に向こうが折れて笑顔見せる様になって来たりして。

今は普通にしてますが、それでも1年ぐらい睨まれたりした事忘れてないですし、要注意だと思ってこちらからは近づかない様にしてますよ」

「私の身近にもそういうママ、いますよ。表の顔は、本当に気が効いて何でも熱心で良いママ。ママ友にも先生にも、好感度バッチリ!…でも、気に食わない相手には、無視・うまい具合に、使いっ走りみたいな姑息なことを平気でやります。でも、見てる人は見てると思いますよ」

「私も、何故かそういう人の餌食になります。その人がいかにも意地悪そうだったら納得ですが、綺麗で聖母マリアみたいな人なんですよ。みんなその人のファンなのですよ。私の場合はお隣の60代の資産家の奥様です。美人で気さくでお金持ちなのに気取らず働き者。誰にも(私以外は)分け隔てなく接して人気者。なんと私の両親までファンです。でも私と1対1になると目も合わせてくれません」

ヒィ~恐ろしい。結構いるっていうところに驚かされる。このトピ主のように恨み全開のママさんに出会うのも恐ろしいけど、トピ主を無視しているというママ友さんのような人にもなるべく出会わないで過ごしていきたいものだ。

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

権利侵害申告はこちら