愛するパートナーと素敵な朝を過ごしたい…

そんな想いから始めたという…息を呑むほど美しい“シンメトリー”な朝食作り。作っているのは、上海在住の男性・Michael Zeeさんでして…

Symmetry Breakfast”

と名付けられた…この朝食シリーズは、2013年4月にアップされて以来、ほとんど毎日、休むことなくアップされてきました。

同棲したことをきっかけに、腕を振るうようになったMichaelさん。

そのメニューはイギリス出身のMichaelさんの地元料理・名物料理だけではなく、和洋中、世界中の料理を網羅。また、南太平洋の小さな島国で出される伝統料理など、普通ならなかなか見ることの出来ない料理にも挑戦!とにかく、こだわり満載の朝食となっています。

彩り鮮やかな朝食の数々。完全にアート!

鮭の味噌漬けに卵焼き。ふりかけたっぷりのご飯に、豆腐と海苔の味噌汁。日本人にとっては見慣れている朝食もMichaelさんの手に掛かればこの通り!

クオリティ高っ!

コチラはトンカツなどに使う肩ロースの部分を燻製にした「バックベーコン」入りのピザ。朝食としては少し重い感じがしますが、このメニュー。パートナーの大好物なのだとか。

餅米と赤豆で満たされた「粽(ちまき)」。シンプルですが、ドラゴンフルーツとキウイが入ったヨーグルトによって、全体がパッと明るくなっていますよね。

コチラは、インドの下に位置し「インドの涙」「インド洋の真珠」と言われている共和制国家・スリランカの伝統料理「キリバス(お米を濃いココナッツミルクで炊いたもの)」。スリランカでは、特別な儀式の際には、必ずこの「キリバス」を食べるそうです。

あっ、お好み焼きだ!!!

最初は二人の思い出作りの為に撮影、Instagramにアップしていたそうなのですが、瞬く間にフォロワーが激増!昨年には、Instagramにアップした写真をまとめた「SYMMETRYBREAKFAST Cook-Love-Share」なる本も出版されたとのことです。

料理も然ることながら、テーブルウェアのセンスも抜群!

これはコーディネートの参考にもなりますよね。

大切な人への“愛情が込められた”素晴らしき朝食。きっとパートナーも、最高の朝を過ごしているに違いありませんね。

日本では“ボルシチに入れる野菜”というイメージがある「ビーツ」で着色した、モロッコのパンケーキ「バグリール」。ひと手間かけるだけで、これだけオシャレに!

彩り鮮やかなフルーツたちが大集合!

一つだけでもオシャレですが、シンメトリーにすることによって、数倍オシャレ感アップ!大好きなパートナーの為に、アナタも頑張ってみては!?(笑)

変わらぬ愛を証明する為、これからもパートナーのために毎朝、朝食を作り続けていくと話すMichaelさん。なお、彼のInstagramには、1000を超える美しい朝食がアップされていますので、興味を持った方、魅了された方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら