「すっ、すいません!」

あまりにも怖すぎる…その表情。どんな人でも、反射的に謝ってしまいそうですが(笑)、実はこの猫ちゃん。この表情はいつものこと!全然、怒ってなんかないんです!

Instagramを中心に話題沸騰!現在、不思議な魅力でファンを虜にしているのは、カナダ、マニトバ州南部にある都市「ウィニペグ」に住むネコ“Cairo(カイロ)”ちゃん。

なお、Cairoちゃんは、無毛のネコ(完全に毛が生えていないわけではなく、わずかな産毛が生えている)として知られる品種のひとつ「スフィンクス」だそうですが、この怒った顔は生まれつき。飼い主さん曰く、年々、Cairoちゃん。凄味が増しているのだとか。(笑)

「カイロ」という名は、スフィンクスがある場所、エジプトの首都「カイロ」から取ったそうですが、それにしても迫力満点のその表情。

やんのかコラッ!

Cairoちゃんに睨まれたら最後!マジで石化してしまいそうですよね。(笑)

ギリシア神話に登場する怪物「メデューサ」という名前の方がしっくりくる!?

スフィンクスは映画「E.T.」のモデルになった猫。Cairoちゃんがコスプレすると…

映画では赤いパーカーを着ていた「E.T」。ちなみにCairoちゃん、別段、コスプレをしているわけではなく、ただただ赤い毛布をかぶっているだけなのですが、その姿はどこからどう見ても「E.T」そのもの!

また「グレムリンにそっくり!」という声や、「どう見ても破壊神ビルスだろ!(劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』に登場するキャラクター)」との声も、インスタグラムには寄せられていました。

成長ホルモンの分泌不全が原因である「小猫症」を患って生まれたCairoちゃん。

ホルモンの異常によって引き起こされ、人間の「小人症」と同じような症状がみられる病気「子猫症(ドワーフキャット)」を患っているというCairoちゃん。甲状腺の機能の低下により、ある時期から成長が止まってしまう病気なのだそうですが、Cairoちゃんの場合は外的要因ではなく、遺伝子疾患が主な原因とのことです。

不機嫌そうな表情で一躍有名猫となった「グランピーキャット」も小猫症。どうやら、この表情は、子猫症を患っている猫に見られる特徴なのかもしれませんね。

小猫症だから短命ということもなく、日々、飼い主さんの下で楽しく暮らしているというCairoちゃん。性格はとっても好奇心旺盛だそうです。

神的な風格を漂わせるCairoちゃん。渋い!いや、渋すぎる!!!

海外の大手メディアが紹介した事によって人気爆発!現在2万人以上のフォロワーを獲得しているCairoちゃん。最初は怖いと思っていた方も、一周回って可愛い(笑)と感じるようになったのではないでしょうか?

子育てもしっかり!

子供もママの遺伝子、色濃く継承している!?

本気で怒るとこんな感じ!

牙を剝くと怖さ100倍!
これは夢に出るレベルですね。(笑)

不思議な魅力にハマる人続出中!グランピーキャットを超えるのでは?と噂されているCairoちゃん。なお、彼女のInstagramにはまだまだたくさん写真がアップされていますので、興味を持った方、魅了された方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら