記事提供:Techinsight

市原隼人、子育てにおいて「僕が成長させてもらっています」とも。

2014年にモデルの向山志穂と結婚した俳優・市原隼人。現在放送中のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』TBS系連続ドラマ『リバース』に出演し俳優として多忙を極める彼だが、プライベートでは良きパパのようだ。

2歳になる愛娘との“朝のやりとり”をInstagramに綴っているが、愛情いっぱいの接し方に多くのフォロワーから称賛の声が寄せられた。

市原隼人は24日、自身のInstagramを更新。朝食づくりの際、娘との間に起こった出来事を報告している。

この日、オムレツを作ろうとした市原に対して「卵を割りたい」とねだった娘。そのため一緒にやろうとしたところ娘が誤って卵をこぼしてしまい、床が汚れてしまったそうだ。

号泣して「ごめんなさい…」と謝る娘だったが、市原は注意するのではなくこのように語りかけた。

「そうね。一番大事なのは失敗した今どう思うかだよ?もぅ、やめる?まだ、やりたいですか?」

すると、申し訳なさそうに上目使いで「ん~(泣きながら)や”り”だい”~!」(原文ママ)という返事だったそう。この瞬間、市原にとって「ドキッとするほど胸に沁みた」という。その時の気持ちをこう明かしている。

「単純に“やりたい事をやりたい”という事がどれだけ素晴らしいか」

「当たり前の様に“謝り”“その状況下での着地点を明確にする”…俺もちゃんとしなきゃな」

そして、「さっ!こぼした所を一緒に拭いて、マットと服はお風呂でゴシゴシして失敗は水にながしましょっ!」と娘に伝えたという。

市原の愛のこもった接し方に、フォロワーからは「素敵なパパですね」「素晴らしい子育て」と称賛の声が寄せられている。

また、子育て中の方から「私も子どもたちにそんな風に接したいなぁ…」「ハッとさせられました」「見習います」といったコメントも相次いだ。

市原は子供の成長を見守ることで「僕が成長させてもらっています」とも記しているが、そんな子育てが愛娘の健やかな成長につながっているのであろう。

出典 https://www.instagram.com

市原隼人、愛娘との日常を綴る。

権利侵害申告はこちら