英語をペラペラ話す子どもを見て、「生意気だな~」などと思っていませんか。そんなあなたは、もう世の中から取り残されています。

NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんによると、2011年に日本の小学校で英語の授業が必修になったことを境に、英検を受ける小学生が急増。それに伴い、TOEIC受験者も増えているのだとか。

「英語を話せるのは当たり前」という未来が、いよいよ迫ってきたようですよ。

小学生の英語テスト!?の時代

この間、調べものをしていたら日本のTOEICテストの受験者が増えているという内容の、うちのブログの記事に気づいた。

今から12年前の2005年に書いたもので、そこで引用いていたデータは、2003年のものだった。

かなり前のデータだったので、そういえば、今どうなってるんだろう?と思って、最新データを軽くチェックしてみたら、2003年の頃からTOEICテストの受験者数はずっと最近まで右肩上がりで大幅に増加しているのだ。

(ご参考)

顔の見えるリバティ
TOEIC?Listening&Reading Test 公式データ・資料受験者数の推移

公式データの受験者数の推移によると、以前、うちのブログで取り上げた2003年時点では、TOEICテストの受験者数は年間142万人だったものが、2016年には年間250万人に!!

なんと100万人以上も増えている

しかも、公式データのグラフをみると、2010年~2011年にかけて178万人が227万人へ突然急増。

どうやら2011年に日本で何かあったらしい。

2011年に日本で何があったのか!?

民間企業で英語力が入社や昇進試験での必須条件に加わっていったということもあるようだが、もっとわかりやすい変化が2011年の日本で起こっていることを発見した。

それは、文部科学省の新学習指導要領にて小学校5、6年生での外国語活動が必修化されたことだ。

2010年までは、日本の小学校では英語を教えることはなかったが、この新学習指導要領により、2011年から日本の小学校で英語の授業が行われるようになり、しかも必修化されたのである。

当時、大きなニュースになったので覚えてらっしゃる方も多いだろう。

小学生に英語を教えるなんて早すぎるとか、英語を教えられる先生がいるのかとか、ツッコミどころ満載の新しい取り組みではあるが、それだけ世の中の関心を集め、話題になった。

「小学生も英語を勉強するのだから大人が英語できなくてどうする、みたいな?」というのもあって、TOEIC受験者数も2011年に突然急増したのではないだろうか。

また、小学校での英語の必修化について英検が興味深いレポートを2016年9月に発表している。

(ご参考)

小学生の志願者数が大幅アップ–公益財団法人 日本英語検定協会

小学校で英語が必修化されたことにより、一昔前では信じられない話だが、小学生が英検を受けるようになったのだとか。

しかも、英語の必修化が行われた2011年から直近の2015年までに英検を受ける小学生は大幅に増加中とのこと。

全体では、24%増

さらに小学校1年生!?に限っていえば、2011~2015年の間に55%増!!!

小学校1年生が英検を受けているということ自体驚きだが、この受験者数がそんなに大幅に増えているとは…。

この感じで進んでいくと、今後、日本にも英語を普通に読み書きできる人がますます増えるだろう。

全体的な方向性としてはとても良いことじゃないかな。

権利侵害申告はこちら