お客さんを相手にしている会社なら、中にはクレームの電話がかかってくることもあるかと思います。

「商品が届かない」「おたくの営業担当、あれヒドいよ!」「納品された品が違うんだけど…」「知らない会社からクレジットカードの引き落としがあるんだけど!?」「ふざけたCMを流すな!」などなど、どちらに非があるかは置いておいて、理不尽なものもそうでないものも含め様々なクレームが存在します。

Licensed by gettyimages ®

(これは午後だと、夜の7時?19時?それとも…?)

Twitterユーザーの「まっきぃ@TRPGを嗜む紳士」さん(@makkiTOEFog)のところにも、ある日こんなクレームの電話がかかってきました…。

その内容がこちら…。

相手「夜9時に電話しても取らなかったけど?」

俺「弊社は19時までの営業となっておりますので」

相手「夜の9時までだろ?1分も過ぎたらダメなのかおたくは」

俺「弊社は19時、夜の7時までの営業t…」

相手「19時つったら夜の9時だろうが!小学生でも知ってるぞ」

出典 https://twitter.com

え…?

19時つったら夜の9時…!?

そうでしたっけ…?(違う、19時は夜の7時…)

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートはその衝撃のあまりか、43,000を超えるRT(リツイート)がされるほど話題となり、見た人たちからは…

大変ですね…
やばい(白目)
時差があるんですかね?
右の数字しか読めないのかな?
小学生かな
えぇ…?クレーマー酔ってる?
続きどうなったか気になります笑
お客様の意見を反映して17時までの営業にしましょう

などの声がたくさん寄せられました。

この小学生でも知っているような内容が分からないなんて…きっとクレームを入れてきた人も疲れていたんでしょう…と、そう思うしかないかな…。

クレームは苦情だけではなく改善要求だったりもするわけなので、なにもクレーム自体が悪なのではないのですが、とはいえある程度の常識を持ったうえで行いたいものですね…。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら