記事提供:女子SPA!

アヌーク・エメ『男と女』

・連載「ファッション誌が答えてくれない相談」29 by小林直子

◆Q.ファッションのお手本にできる映画って?

おしゃれになりたいなら、古い映画を見たほうがいいとよくアドバイスされるのですが、何をどう見ればいいのかわかりません。なぜ往年の名女優のファッションはお手本にされるのですか?

◆A.1950年~70年の映画はデザインの源泉です

例えばオードリー・ヘップバーンやキャサリン・ヘップバーン、またはカトリーヌ・ドヌーブやアヌーク・エメやジェーン・バーキンなどの、とくに映画でのファッションは今でもよくお手本にされます。それはなぜでしょうか。理由は2つあります。

1つは、その当時、つまり1950年代、60年代、70年代の状況です。

戦後、女性に参政権が付与されるなど、女性の権利と自由の拡大とともに、婦人服はスタイル、バラエティを増やし、飛躍的に発展しました。

それまでもシャネルが女性をコルセットから解放し、男性服を取り入れるなどしてきましたが、それがより一般に広がるのは戦後になってからです。その同じ時期に作られた映画には、現在の婦人服のデザインの源泉を数多く見ることができます。

また当時の映画は、『去年マリエンバートで』はシャネル、『昼顔』はサン=ローラン、『ティファニーで朝食を』はジバンシィのように、コレクションを発表するようなデザイナーが担当したものが多くあります。

それだけではなく『ローマの休日』や『裏窓』などの衣装で有名なアカデミー衣装デザイン賞を8回受賞したイーディス・ヘッドなど、今以上に優れたデザイナーたちが映画の衣装を担当した時代でした。

◆流行は繰り返される

流行は繰り返されます。現在、コレクションを発表するようなデザイナーたちのなかには、こういった過去のデザインを参考にするところから自分たちのデザインを作り上げるデザイナーが数多くいます。

彼らは古い映画やファッション誌を見直し、古着屋で1950年代から70年代の古着を買い占め、次のコレクションのイメージの土台をつくります。

しかしその古いスタイルをそのまま同じようにつくるのではなく、そのスタイルに新たな解釈を加えて、新しいコレクションとして発表します。

デザインというものは、何もないところからいきなりふっとわき出てくるようなたぐいのものではなく、こういった過去にすでに存在していたものや写真、絵画などからインスピレーションを得て、そこから再構築するものなのです。

そのときにそのデザインの最もピュアなかたちを、しかも動いている姿のまま、どこにいても見ることができるのが1950年代から70年代の古い映画であり、そこに出てくる女優たちです。

往年の女優たちの、とくに古い映画に出てくる動く姿を見ることは、現在でもファッションを理解するうえで有用です。

ドレスを着たときの身のこなし、どういったシチュエーションで何を着るかという問題、靴とバッグの組み合わせ方、色遣いなどは、現在の有名なデザイナーたちでさえ参考にしているわけですから、一般の、しかも西洋文化のなかで暮らしていない私たちにとって、それがお手本になるのは当然です。

1950年代から70年代のこういった映画に出てくる女優たちの衣装は、いわば現在のファッションのプロトタイプです。プロトタイプなので、大幅にそれが変更されるということはありません。

そしていつもそれはお手本となり、迷ったときには戻るべきかたちなのです。

◆知りたい着こなし別、「お手本になる映画」

幸いなことに古い映画を見るのは難しいことではありません。DVDもあるし、ネットで検索すれば画像も動画も探せ出せます。

ドレスの着方がよくわからないときはオードリー・ヘップバーンの『ローマの休日』や『ティファニーで朝食を』を、トレンチコートの着こなしを知りたいときは『男と女』に出てくるアヌーク・エメの着こなしを、

リゾート地でのサマードレスと水着の着こなしを見たいときは『悲しみよ、こんにちは』のジーンズ・セバーグを、お泊りのときにどんなバッグで行くかを知りたいときには『裏窓』のグレース・ケリーを、

ヴェニスを一人旅するときには『旅情』のキャサリン・ヘップバーンの旅のワードローブを、淑女が背徳におぼれるときはどんなスタイルがいいのか知りたいときは『昼顔』のカトリーヌ・ドヌーブを参考にしましょう。

そのほか自分の好きな女優やスタイルをとっかかりとして、古い映画を、そしてその衣装を楽しんで、参考にしてみてください。きっと新たな発見があるはずです。

【小林直子】

ファッション・ブロガー。津田塾大学学芸学部国際関係学科卒、文化服装学院卒。東京コレクション参加ブランドのパターンナー、大手アパレル会社の企画室を経て独立。

現在、湘南エリアを中心に独自に開発したメソッドによるファッション・レッスン、各種ワークショップを開催するなど活動中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』

女子SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら