おらが村の『カール』がなくなる!?

明治は25日、カールおじさんでお馴染みのロングセラースナック菓子『カール』の全国販売を終了すると発表しました。

8月中に全国5カ所でのうち4カ所の生産を終了。子会社の四国明治の1カ所に縮小し、西日本限定で『チーズあじ』『うすあじ』の2種類のみの販売となります。また『カレーあじ』『大人の贅沢カール』『小つぶカール』は、8月分をもって終売となるとのこと。

スナック菓子の定番中の定番ともいえる存在だっただけに、この発表にはショックを受ける人が続出!

48年間、日本国民に愛され続けた『カール』

『カール』が発売されたのは1968年7月25日。まだ「お菓子=甘いもの」というイメージが強かった中、ポップコーンをお手本にして日本人に合う味を模索して『チーズがけ』『チキンスープあじ』の2つの味が誕生。ちなみに、チーズは子供向けおやつ、チキンスープは大人のおつまみというコンセプトだったそう。

今ではすっかり『カール』の顔となったカールおじさんですが、最初は1975年から登場したカール坊やの脇役だったんですよ。じわじわと人気がでてきたカールおじさんは、1982年についに主役の座に躍り出ます!

実はこだわりの「チーズあじ」

48年の歴史の中で、様々な味に挑戦してきた『カール』。カレー、のり塩、ねぎ塩、Wコンソメ、バターしょうゆ、エビチリ、ピザ、コーンポタージュ、わさびマヨ、梅かつお、バーベキューなど、ここには書ききれないほど!チョコあじなんてのもありましたね。

そんな中、発売当時からずっと人気、これぞ『カール』と感じるのがチーズあじ。実はこのチーズあじには、こだわりがあるのです。

『カール』のチーズあじは、香料などでチーズの風味を出すのではなく、本物のチーズを使っています。特別に加工したチーズを、出来たてのカールに霧状に均一になるように吹きかけているのです。

そのこだわりから、発売当初は『チーズあじ』ではなく『チーズがけ』としたのだそうです。今でもこの製法は変わりません。まさに本物のチーズあじ!

実はレアな『キャラカール』も入ってる!

『カール』といえば、受験シーズンになると発売される受験生応援ゲン担ぎ菓子の「ウ カール」。今ではゲン担ぎ菓子は様々な商品が並びますが、この先駆けの1つがこの「ウ カール」でした。来年の受験シーズンには、西日本で「ウ カール」に会えるのでしょうか?縮小しての販売ということで、難しいかもしれませんね。

また、現在発売されている通常の『カール』にも、ちょっとしたお楽しみがあるのをご存知ですか?実は、カールおじさんやケロ太などキャラクターの形をした『カール』が入っているんです。これは見つけたい!

出典カール公式サイトのスクリーンショット

子供のころから当たり前にお店に並んでいた『カール』ですが、残念ながら東日本ではその味を楽しめるのはあとわずかな間のようです。

カールおじさんやカールぼうやのキャラクターは引き続き使用するとの発表があるものの、東日本では店頭でカールおじさんに会えなくなる日も近いのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

これまでご愛読ありがとうございました。感謝です!
過去記事の一部をブログで公開予定です。
ゆっくりとした更新となると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします^ ^

権利侵害申告はこちら