半袖で出歩く人も増えてきたこの季節。さらに気温が上がるこれからは、音楽フェスやお祭り、そしてバーベキューなど、開放的なイベントがたくさん待っています。そこで一緒に行く人といえば、やっぱり恋人が望ましいところ。

ですがシングルが長い人にとっては、これから急に良い関係の異性を見つけろと言われてもなかなか難しいもの。特に社会人歴が長いときっかけさえも少なくなってしまいます。そして今回は、まさに「しばらく出会いがない」と嘆く方のお話を聞きました。

小杉氏(仮名)…1983年埼玉県生まれの34歳。現在は新宿にある東証一部の某IT企業で編集&ライターをしている。「一応異性とのコミュニケーションには自信がある」と語る。

――どのくらい恋人がいないんですか?

「もう2年半ぐらいになります。前の彼女とは、仕事と天秤にかけて『仕事だ!』となってたので別れました」

――それ以来出会いがないと。

「ですね…年齢を言い訳にしたくないですが、もう34歳になると周りも結婚して、合コンなどのお誘いがめっきり少なくなりました。もともと自分から動こうというタイプではないのでちょっとヤバいな、とは感じています。気分的には今すぐ彼女欲しい

――ではナンパするのはどうなんですか。

「いやあ無理です。確かに最速で出会えるという意味では正解かもしれないですが、羞恥心が半端ないです」

というわけで、編集部はその出会いたい欲を満たしてもらうべく、“あの方法”を試してもらうことにしました。

出会いを重ねた男が太鼓判を押す「マッチングアプリ」

――早く出会いたいということなので、今回以前“出会いマスター”がオススメしてくれたマッチングアプリ『タップル誕生』をぜひ試してみましょう。

「マッチングアプリはいま流行ってますよねー、周りでも利用してなんなら結婚に至った人が多いです。でも女性とメッセージするには有料会員にならなければいけないんですよね?どうも値段が気になってて…」

――他のマッチングアプリは月額4000円を超えるところも多いですが、『タップル誕生』は3400円と比較的料金は安いです。コスパと時間を考えたらナンパ、合コン、街コンその他もろもろよりいいと思います。善は急げということではじめましょう!もう今日会えるところまで行ってほしいです!

「すごい押しますね、まるで広告記事のような…。では本当に自腹切ってやってみます!

マッチングしやすいカテゴリは…

――まずトップ画面のカテゴリ機能というところを見てください。『タップル誕生』は、新メンバー専用のカテゴリがあり、ここにいる女性にアプローチすると比較的マッチング率が高くなるようです。

「なるほど、ではとりあえず付与されたいいかも!カードを使い切ってみます」

早速一人目とマッチング!しかし…

プロフィールや写真で自分の好みを選び、いいかも!を押していくのだが、幸先よく小杉氏は順調にマッチング。ここからメッセージを進めて行くわけだが、しばらくして「う~ん…」と悩みの声を挙げだして。一体どうしたのだろうか。

「見てくださいこれ。全然返信ないんですよ…」

――「コミュニケーション能力に自信がある」とか言ってたのにこれはダメですよ!絶対返信ないやつ、というか気持ち悪い!せっかく可愛い感じの子なのにもったいない。

「なんか先走ってしまいました…もっと会話することを意識します」

その後も次々とマッチング!

出だしにはつまづいたものの、順調にマッチングを重ねていく小杉氏。やはり勢いは必要なのかもしれない。だが当の本人は…

「う~ん、やっぱり趣味が合わないと話が続かないですね…無理に話を合わせても結局盛り上がらないです。ノリとかもあるし」

といって見せてもらったのは、キャップをかぶったアイコンの今どきな25歳女子!これは仲良くなっておきたいところだが、会話を見るとすでに終わりを告げており…

――『絵描きしてるんやね』ってエセ関西弁を使って会話が終了しているのがすごく恥ずかしい!

「そこは突っ込まないでください…。なので、同じ趣味を持った子オンリーでアプローチしていきます。音楽が好きなので、自己紹介に『邦ロックが好き』とか『今年ロックインジャパンに行きます』とか言う子に絞っていきます」

ついにアグレッシブさが実を結び…

その日は小杉氏のコミュニケーション能力に任せ、会うところまで辿りついたら連絡してもらうよう告げ帰宅した。正直、当月中に会えれば御の字かと思っていたのだが、夜にまさかの連絡が…

「やりました!調子こいて『今日会おう』とノリ良く言ったらOKもらった子がいて」

――小杉さんの会話のノリがキツいですがスゴいです!どんな感じの子なんですか?

21歳の大学生で可愛い感じの子です。就活終えて暇だったみたいで、ノリについてきてくれました。恥ずかしさを捨ててなりふり構わずメールした甲斐があります」

その後、無事に会うことができ、さらに意気投合したのか後日デートまでこぎつけることができたようだ。

「デートの日も、最初の出会いと同じく渋谷で待ち合わせました。昼から会うのは慣れてなかったので緊張していたんですが、向こうは堂々とした様子で待っていました。一見大人しそうに見えるんですが、終始明るい子。一回りも年下ですが、引っ張ってくれるのが一緒にいて心地いいですね」

「その日は、渋谷から代官山、中目黒までお散歩しつつ二人の時間をゆっくり楽みました。ディナーは学生の彼女が行ったことがないであろうとっておきのビストロに案内してすごく喜んでくれました。その後の展開ですか…そこは濁させてください(笑)

なんだか羨ましい!仕事などの休憩時間にサクッとできるのがマッチングアプリの良いところ。その中でも、『タップル誕生』は新規ユーザーの登録が多く、比較的若い年齢層が利用しているため、30代40代の男性も普段出会うことが無い子と会話するチャンスがあるかも。

出会いが生まれる夏はもうすぐそこまで、この機会にぜひはじめてみては。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら