記事提供:Techinsight

くわばたりえ「“あのしんどかった辛すぎた夜中”が本当に終わった」

お笑いコンビ・クワバタオハラのくわばたりえが、6月で2歳になる長女の育児について「バタバタ感はほとんど無くなった」とブログで明かしている。

夜中に何度も起こされ寝不足が続いて辛かった日々を振り返り、現在“赤ちゃんが寝ない”と大変なママに向けて「大丈夫、必ず終わるから」とエールを送った。

2男1女、3人の子を育てるベテランママのくわばたりえ

5月23日の『くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」』には、保育園へパジャマで登園した長女の写真が投稿されている。彼女が着ているアンパンマンの柄が入ったパジャマは、お兄ちゃん2人が着ていたお下がりだ。

くわばたは出産後、夜中の授乳と夜泣きで「永遠に続くんじゃないか?とお先真っ暗やった」という睡眠不足の日々が続いた。特に1人目の子育ては手探り状態で、気が休まることがない。

疲労困憊の中で頭に浮かぶのは、先輩ママからの「(大変な時期は)アッという間よ」という言葉だ。しかし「いつか必ず終わるってイツやねん!」と当時はくわばたも精神的に追い詰められ、「3時間でもいいから続けて寝たい」と日々泣いていたそうだ。

兄から受け継いだアンパンマンのパジャマ姿でご機嫌な長女は、来月で2歳の誕生日を迎える。「“あのしんどかった辛すぎた夜中”が本当に終わった、必ず終わる」とくわばたはブログに綴る。

そして今、赤ちゃんが寝てくれないと大変な新米ママたちに向けて「必ず終わる、終わっちゃう」「お先は明るい!大丈夫」と何度も“終わる”という言葉を重ねてエールを送っている。

コメント欄には「これ、終わりがくるんですね。まさにいま“いつまで続くん!?”状態でしんどすぎます」「いつか 寝てくれるんですよね?大丈夫ですよね?今 乗り切れれば!」と睡眠不足の最中という母親からの切実な声や、「本当にあっという間だった。もう戻れない。懐かしいなぁ。寂しいなぁ」「懐かしい、今じゃ、隣にゴロゴロしたら、邪魔だと言われ笑」と子どもが大きくなったママは当時を懐かしんでいる。

ブログにあるくわばたりえの「終わっちゃう」という言葉にも、成長して手がかからなくなった長女に安堵している反面、寂しさを隠しきれない彼女の心情が表れているようだ。

権利侵害申告はこちら