記事提供:日刊SPA!

(左から)フェミ妻、モラハラ妻、浪費妻。

離婚するほど嫁に不満を持つ夫が多いが、彼らが“鬼”と訴える嫁は皆、人格破綻者なのだろうか。夫に辛くあたる明確な理由があるのではなかろうか。

モラハラ、フェミ、浪費――夫たちを鬱屈とさせる“三大悪妻”たちが放談!

・フェミ妻…「家事育児の負担が対等だと主張するなら妻をあてにするな!」33歳。1児(3歳)の母。出産後、生後3か月の娘を保育園に預けて職場復帰。年収は夫800万円、妻750万円とほぼ同額。

・モラハラ妻…「『仕事が忙しい』なんて苦労話はケツ拭く紙にもならない」38歳。2児(5歳、1歳)の母。7年前、職場恋愛のすえ2歳上の夫と結婚。夫の年収は500万、妻は時短勤務で300万円。

・浪費妻…「妻のキレイは家族の幸せ!夫は粛々と倹約してればよい」36歳。2児(6歳、3歳)の母。出産を機に退職し専業主婦。3つ上の夫の年収は650万円、妻は単発のパートで年収80万円。

※※※

――皆さんの辛い仕打ちに、ダンナさんからの悲鳴が相次いでいます。

モラハラ妻(以下、モラ):別に夫が嫌いなわけじゃない。けど、子供を産んで家事が増えたあたりから、夫の何気ない生活習慣に異常にイラつくようになったんです。

つい昨夜も、靴下を裏返しにしたまま洗濯機に入れてきたので、「なんで何度言ってもわからないの?頭の中に砂利が詰まってるんじゃないの?」って叱ってきたばかり(笑)。

フェミ妻(以下、フェ):甘えてるんですよね。夫と妻は対等なパートナーであるはずなのに、いくつになっても母親の代役を嫁に求めてくる。

だから育児でも「保育園の送りは俺がぜんぶやるから」と負担が50:50であることをドヤ顔で主張してきますが、「ねえねえ、子供の靴下、どこにしまったっけ?」とか「体温計、どこだっけ?」って…頼る気マンマンじゃないかと。

子供服のサイズも知らないし!

浪費妻(以下、浪費):おっきい子供がもう一人いる感覚ですよね。夫に倹約を強いるのも、家族にとって何の得にもならないものを、好き勝手に買ってくると困るからです。

――でも、奥さんが好き勝手に高い服や雑貨を買うのも、家族にとって得にならないんじゃ…。

浪費:あ?(怒)「妻のキレイは家族の幸せ」なんだから仕方ないでしょう。こっちは夫が恥かかないように、家族全体のトータルコーディネートを買って出てるんだから。

モラ:私自身、物欲はそれほどないけど、夫がキラキラした目で「お城のプールだよー。週末はこれで遊ぼう」ってスベリ台とかついたでっかいビニールプール買ってきたので「どこに置くんじゃ!返品してこい」ってガチギレした(笑)。

フェ:わかる。家族のために良かれとしたことでも、どこか「自分もこれなら楽しめる」って気持ちが見え隠れするというか…。家事とか育児って地味で継続的なものなのに、それを飛び越えて「逆転ホームラン」を狙う姿勢に腹が立つ。

浪費:そういう大技が許されるのは、こっちがぐうの音も出ないくらいの稼ぎがあるダンナさんに限った話だよね。

モラ:家事育児をしないで、週末ヒーローみたいなお役だけで父親面するなら、「その対価を支払えてるのか、お前は!」って。「仕事が忙しいんだよ」なんて苦労話は、ケツ拭く紙にもなりゃしないんだから。

フェ:(おもむろに計算機を取り出し)ベビーシッターを平日フルに頼んだ場合、月40万、年間500万円近くかかります。少なくとも、貯金や保険、家賃、生活費などを差し引いて、それくらいの額を余分に捻出できる収入はほしいですよね。

浪費:現実的に稼ぎを増やすなんて無理なのはわかる。それなら、身の丈にあった努力をしなさいと。

モラ:いつまでたってもそれができないから叱ってあげてるだけ。私たちの叱責はヒステリーじゃなくて、愛のムチだとわかってほしいよね。

週刊SPA!5月30日号では「不幸な結婚or幸福な離婚 どっちが得か?」という特集を組んでいるので、ぜひご参考に。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら