日本には四季があり、「春」「夏」「秋」「冬」がどの季節も美しい自然の景色や、それぞれの季節の行事などで楽しませてくれますね。

春は桜、夏の海、秋は紅葉、冬の雪景色などなど。四季折々の風景を楽しみながら、移り変わる四季を感じることが出来るのは、日本で暮らすことの喜びのひとつと言っても良いかもしれません。

そんな四季について、LINEスタンプ「腹黒&腹白ウサちゃん」「こたつむりライフ」などを手掛けている「こたつむり」さんが、自身のTwitterアカウント(@chabezou)にある投稿をされました。

そこには、四季の『理想と現実』が描かれているのですが…

これが理想的な四季

出典 https://twitter.com

ポカポカした温かさの春、暑い日差しを感じながら過ごす夏、だんだんと涼しくなってくる秋、雪などを楽しむことができる冬、それぞれが同じくらいの期間で巡ってくる、これぞ日本の四季!って感じですよね!

しかし一方で…

これが現実の四季…

出典 https://twitter.com

た…たしかに…。

最近ほぼこんな感じですよね。暑い夏か寒い冬がほとんど。春と秋はどこに行ったんだろうか…。

(※権利者の許可を得て掲載しています)

こちらのツイートは、33,000以上のRT(リツイート)や、45,000を超えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

・痛いほどわかる…
・その通りやねん。暑いか寒いか
正にこんな感じですよね最近は
現実の的を射ていて思わず笑ってしまいました
確かにそうだ…
・ほんこれ
春と秋は過ごしやすいのに短いのが辛いです
この頃、確かに春と秋の存在感が薄いと感じています

などの声がたくさん寄せられ、その他にも「北海道版」や「台湾版」なんてのを作ってリプライされている方もいらっしゃいました。

温暖化の影響なのか、はたまた松岡修造さんの動向によるものなのかは分かりませんが、本当に最近の夏の長さ、そして逆に冬の長さは身をもって感じますよね。

できれば春夏秋冬、それぞれ同じ期間で続いてほしいものです。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら