記事提供:子ある日和

時短料理や冷めた食材のあたために欠かせない『電子レンジ』。とっても便利で万能な電化製品のように思いますが、じつは“加熱NG”な食材や食器が意外と多いんです。

正しく使わないと最悪の場合では火災などを引き起こしてしまうことも!知らなかったでは済まされないことになってしまうかもしれませんよ!

“爆発”や“やけど”の危険も!~食べ物編~

ちょっと温めて食べようと思ったら大惨事になりかねない食材にはこんなものがあります。

加熱すると爆発の危険が!ちなみに、生卵でもゆで卵でも割った状態でもNGです(卵焼きなど割ったあとよくほぐしたものであればOK)。

加熱中に爆発して庫内が汚れるくらいならまだしも、口に入れたタイミングで爆発して大やけどを負ってしまうことも!おでんの温め直しなどはレンジではなくて鍋で加熱しましょう。

たらこやウインナー

たらこやウインナーなど“皮”のついた食材も要注意です。中身が膨張して破裂してしまう危険性があります。加熱する場合には短時間にするか、そのままではなく皮に切れ込みをいれるなどしましょう。

液体

液体をレンジでチンすると、突然沸騰する“突沸”が起こることがあります。

これは、すでに沸点に達している液体が本来ならブクブク沸騰するはずが、稀に沸騰しないままになっているときに何かの刺激(例えば、熱いコーヒーに砂糖を入れるなど)が加わったタイミングで爆発的に沸騰する現象です。

電子レンジで温めた液体は突沸が起こりやすいとされているので、加熱しすぎないように注意し、加熱後もしばらくはそのままにしておくなどの対処が必要です。

焼き芋やレーズン

水分量の少ない焼き芋やレーズンなどの食品は、焦げやすいだけでなく発煙や発火の危険性があります。こちらも加熱時間に気をつけましょう。

ステンレス、紙袋、木製食器もNG!~食器編~

金属のもの

金属部分がレンジの電波を反射して火花が散ります。電子レンジの故障や火事になる危険性もあるのでNGです!見落としがちなのが『縁取り部分』。ここに金属が使われていても同様なので要注意ですよ。

アルミホイル

これは有名なのでご存知の方も多いはず。発火の危険があるので電子レンジ禁止です。

ステンレスボトル

ステンレスも言わずと知れた金属。電子レンジはNGです。ステンレスマグなどうっかりしてそのままチンしてしまいそうですが注意して!

漆、木製食器

電子レンジの加熱によって、素材の水分や空洞が膨張してひびが入るおそれがあります。木製のプレートはとってもおしゃれで見栄えが良いですが、そのままチンしてしまわないように気をつけてくださいね。

缶、ペットボトル

金属製の缶がNGなのはもちろんですが、ペットボトルも加熱によって変形したり、蓋をしたままだと破裂してしまう危険があります。必ずマグカップなどの容器に移してから加熱しましょう。

紙製のもの

意外かもしれませんが、紙製の袋も加熱すると危険なもの。温度が高くなりすぎると発火する可能性があります。また、衛生面でも問題が。高温によってインクや糊から有害な刺激臭が出ることもあります!

まあ大丈夫だろう、と思っていたらまさかの大惨事に!そうならないように、レンジでチンする前には食品や食器が大丈夫なものかきちんと確認しておく必要があります。

便利な電子レンジですが、使い方によっては事故につながることをお忘れなく!

権利侵害申告はこちら