記事提供:Conobie

お友だちとのトラブルで、娘は「ごめんね」がなかなか言えませんでした。娘が一歩前に進むために、私は伝えたかったのです。

子どもによくあるような、トラブルでした。

ただし、こんなに派手に泣く娘をしばらく見ていなかったのもありますし、お友だちもすごく怒っていたので、しばらく見守ることに。

ちょっと前の私なら、子どもの喧嘩に無理やり入るようにしてしまったこともありましたが、ここはちょっと我慢して…、

泣いている我が子を見るのはつらいですけど…。

それでも…不安定な日はある

ちょっとの工夫で、娘の気持ちが前向きになるなら、私はなんでもしてあげたい。

きっとすぐ忘れちゃうかもしれない…、言ったことを守れないかもしれない…、

そんなことの繰り返しだと思いますが、娘の進む道に、少しでも手助けできればいいと思っています。

長々ありがとうございました。

権利侵害申告はこちら