東京都墨田区の吾妻橋にある「吉法師」は、青く澄んだスープが見た目にも衝撃的な「鶏清湯青」などで知られるラーメン店。

そんなラーメン店「吉法師」で起こった、ある出来事が話題になっています。

Licensed by gettyimages ®

※写真はイメージです。

それは、ディナー時にやってきた若い女性客が、あるメモ書きを置いていったというものなのですが…。

そのメモ書きにはこんなメッセージが書かれていました。

こちらがそのメッセージ!

出典吉法師さんのTwitterアカウントより引用

こ…これは…!?

パパへ

お久しぶりです。●●です。

社会人になったので会いに来ました。元気そうで安心しました。


お仕事の邪魔したらまずいと思ってこのような形にしました。すみません。


ラーメン美味しかったです。


また来ます。


●●

出典吉法師さんのTwitterアカウントより引用

(※権利者の許可を得て掲載しています)

なんと、12年ぶりに会うという娘さんからのメッセージだったんですね!

22歳の娘さんと17歳の息子さんがいらっしゃる店主さんですが、ワケあって今は別々に生活をされているそうです。

12年前ということは、当時娘さんは10歳くらいですよね。それから会っていないというそんな娘さんが自分の作るラーメンを食べにきてくれるなんて…しかも名乗らずそっと書き置きして帰るという、なんだかすごく切ないながらも良いお話。

こちらのツイートは、1,500以上のRT(リツイート)や2,400を超えるいいねがされるほど話題となり、見た人たちからは…

・素敵なお話ですね
・良かったですね!
泣ける話ですね
ダメ…弱いんです
・感激しました
・素敵なエピソードにほっこりしました
ほっこり&せつないです
また来てくれますよ、きっと

などの声がたくさん寄せられました。

なんとも素敵な出来事に、ラーメンのように温かい気持ちになるツイートでした。

また来店されて、今度は話せると良いですね!!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら