イタリア・ミランを拠点とするイラストレイターかつグラフィックデザイナーのMarcello Barenghiさん。彼が描く絵が「本物にしか見えない」と話題になっています。

もともと幼少期から天才的な絵描きのスキルを見せていた彼。ふと色鉛筆を見た時に、もっと表現が豊かで違うテクニックを編み出す必要があると感じ、学校でクレイモデリングなどを勉強しながら色鉛筆を使い始めました。それがこの超リアルな作品が生み出されるきっかけになっています。

そんな彼の絵は、アメリカのニュースメディアだけでなく、中国のニュース番組などでも取り上げられました。その驚くべき作品をご覧ください。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス