記事提供:日刊SPA!

『住みたい街ランキング』上位の常連、いや、絶対王者として君臨していたのが吉祥寺。それがHOME'Sの調べによると、その座から陥落したという。

オシャレなカフェや雑貨屋が居並び(44歳の中年には用はないが)、新宿・渋谷に直結という利便性のよさ(それがどうした、新宿・渋谷がすべてか)がウケ、若い女性を中心に絶大な支持を誇っていた吉祥寺。

その吉祥寺がランク1位から陥落した理由を探りに、息子を保育園に預けてから電動ママチャリ(略して電マ)を転がしぶらりんこ旅!電マ旅をして初めてわかった、この街の本当の魅力とは!?

◆電マライター・村橋ゴローの東京ぶらりんこ旅【第12回】吉祥寺が住みたい街ランキング首位陥落のナゾ…じつはツッコミ所が満載だった!?

さて、わたくしゴローは五反田に住んで、早や14年目。五反田と聞けば、ほとんどの人は「フーゾク街」「怪しい街」と答えるはず。

そう言われても当たってるだけに何も言い返せないのが悔しいのだが、それだけに「シャレオツ」「ラテアートをインスタにアップ」的な吉祥寺という街に、内心「けっっっ!!」という思いが強かったんですよ。

オシャレの「オ」の字もない五反田なんて、もう「オダブツ」、SMの街ゆえ「緊縛アートをXVIDEOSにアップ」ぐらいしかないよ!きれいなものと、フーゾクといった汚いとされるものが同居してこそ街。清濁飲み合わせてこそが、本当の健全。

吉祥寺は、どうせ片方切り捨てたような街なんだろうが!パンケーキ食っても糞は出るんだよっ!もはや被害妄想を超えて、単なる言いがかりですが、そんな思いで吉祥寺を街ブラしてたった数分、駅前でこんなものを発見!

【写真】はコチラ

朝キャバ・昼キャバの看板が!なんだ!全然あるんじゃん!それどころか駅から徒歩5分圏内には…、

泡の王者・角海老が!うわああああああ、アンタを凄ぇ誤解してたよ吉ジョージさんよお!そして、角海老は人として大切なことを教えてくれます。

角海老共和国に入ったら、もう職業は2つしかありません。女なら泡姫、男なら拳闘。物凄い価値観です。女は売春、男はパンクラチオン。

ローマ時代か!しかし人間裸一貫、己の肉体のみで勝負せよという生き物としての基本を教えてくれたのでした。泡姫・拳闘と角海老共和国は極端ですが、裸で闘う人間にウソはありません。そう、一番いけないのはウソです。

クリーニング屋の看板。「いや、アイロン仕上げですやん!」と、つい言いたくなってしまいます。しかし『手仕上げ』板を掲げ、片方の手でVサイン。

BGMとして「テッテレ~」を付けると、凄くしっくりきます。

しかしそこは、いうても吉祥寺。やはり街中は「オシャレ」で溢れかえっておりました。やはりジョーシスタはブランドものが大好き!

『プレイスポット・サンローラン』!隣りの『焼肉 三千閣』とのタッグ感も凄いです。焼肉で腹を満たして、隣りのスナックへ。これが吉祥寺のリアルなのです。

そしてお次に、吉祥寺女子(語呂悪っ)が大好きなのがカフェ。

いや、YAKISOBAとローマ字表記にしたところで<女性が喜ぶ>とは、ならないでしょ!しかも『東京 吉祥寺』と念を押して表記しているところが、どこか観光客を「ほら、カッペども、吉祥寺だぞ?」と言っているようにも見えます(笑)。しかも…、

『肉ましまし』メニューって!もう完全に二郎系だよ!何が<女性が喜ぶ>だ(笑)。はい、(撮影時間)12時7分、現行犯逮捕!!

そしてやはり、キチジョ(吉祥寺女子は語呂が悪いので今度は略してみた)たちが目がないものといえば「カワイイ」。もう街じゅうに「カワイイ」は潜んでいます。

【写真】はコチラ

「では問題です。災害初日に直面する大問題とは?」

キチジョ「えーとねー、んとねーー、やだ恥ずいぃぃぃ…トイレ(はーと)」

って、そこにハートマークは要らんだろ、絶対!あと、いま確認できたんだけど、写真の一番下には顔文字が。

どんだけ若者に寄って来てんだよ。

「寄せる」といえば、こんなアパートが。吉祥寺には東京女子大学があり、その近隣にはアパートが林立。そんななか女性学生に「寄せた」んだろうねえ。

「キミが好きなのは、コーヒー?紅茶?」

「んーと、アタシは断然、紅茶!そのなかでも特に好きなのは…」

アパート『Rグレイ』!寄せたねー。

超一流女子大学をも擁する吉祥寺という街、もはやツッコミどころがないように思われるでしょうが、この街は大きな闇を抱えているのです。それは…、

居酒屋『闇太郎』!「気軽に飲める」のは確かにそうだろうけど、その前に入りづらいわ!あと軽くディスっておいてなんだけど、シャッターのイラストにはセンス感じるわ!

このようなわかりやすい闇だけではなく、吉祥寺には小さな闇もはびこっているのでした。

こんなかわいい“おうちさん”が中指立てて、不敵に微笑んでいるのです!怖っ!吉祥寺、怖っ!いや、立ててるのは人差し指だってわかってるくせに、ネタに仕立て上げる俺、怖っ!

さて、吉祥寺をぶらりんこしてわかったのですが、たくさんの商店街と横丁で形成されているため、この街はまあ広い。『六本木心中』ならぬ『吉祥寺心中』、「この街は広すぎる BIG CITY IS A LONELY PLACE」なのであります。

そしてその広い街のなかの、そこかしこにあるのが『○○小路』と書かれた小路。そのなかのひとつが、これ。

ミヤモトコウジ。実際、いそうです。こうなると、オモシロ小路をつい探してしまいます。中本小路、青空球児小路…ん!?的場小路!?

あおば小路かいっ!

最後になりますが、やはり吉祥寺といえば井の頭公園。『アド街』ならたっぷり時間を割いてリポートする吉祥寺のランドマークを、最後にちょろっとなぞる程度に紹介ってどうなのよ、ってそれが電マ旅。

「めんどくせーなー」とペダルをこいで井の頭公園の入り口に行くと、あのいつもの光景が。

行ったことのある人ならわかると思いますが、公園の入り口には似たような雑貨屋がたくさん並んでおり、まさに客を「食い合って」いるのです。「食い合っている」といえば…、

激辛ラーメンで知られる『蒙古タンメン 中本』の下が『唐辛子バル』って!どんだけ辛党の客を食い合ってんだよ!

さて、井の頭公園のなかに入ると、たくさんの人が午後の散策を楽しんでおりました。

すると、木陰から何やら物音が聞こえてきました。一定のリズムで聞こえる、パスン!パスン!パスン!という音。一体、何が?と、その音のするほうを見てみると…、

【写真】はコチラ

なんと、キャッチボールに興じるおじさんの姿が!

「ふー」と、ひと休止。

再び、パスン!パスン!パスン!けっこう本格的なピッチングゆえ、おじさんは何を目指しているのか。時計を見ると、すでに13時。おじさん、お昼休み終わっちゃうよ!すると…、

キャッチボールをやめ、ツレとともに消えていったのでありました。たぶん、ふたりで毎日パスンパスンやっているのでしょう。仲いいの超えてるよ!

そして井の頭公園のすぐ真隣りに、実は小さな公園が。この広大で超有名な公園のすぐ隣に作る必要もないだろうに、その小さな公園は存在します。

それが吉祥寺南公園。イラストが異様に雑なのが気になります。

暗~く狭~い公園にある遊具は、たったこれだけ。すべり台がひとつあるだけです。超人気店が隣りにありますし、当然人気もないのでしょう。

すべり台にはホコリや泥が付着し、直近で子どもが遊んだ形跡すらありません。こんな小さくて不人気な公園ですが、一応注意書きもあり…。

いや、イラストがまさかのアメコミ調!どんだけシャレてんだよ、吉祥寺!

【村橋ゴロー】

1972年生まれ。ほとんどの家事とまあまあの育児をこなす、ライター・コラムニスト。千原ジュニアや田村淳など芸人連載の構成を多数手掛ける。

その一方、ママ向けサイトit mamaでは、「どの口が言ってるんだ」という感じだが、妊活や育児についてのコラムを執筆中。また、『ゴー!ゴー!!バカ画像MAX』シリーズ(KKベストセラーズ刊)は累計190万部を突破。

近著に『俺たち妊活部「パパになりたい!」男たち101人の本音』(主婦の友社刊)がある。Twitterは、@muragoro

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら