2択の質問に答えていくだけ。たったこれだけで回答者の出身地をズバリと当てる「出身地鑑定!方言チャート」。2013年に公開されて以来、ネットを中心に話題となっていましたが、なんと2017年5月16日!3年以上の時を経て、大幅にバージョンアップ!的中率が格段に上がったと現在、SNSを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

↑コチラが進化した「方言チャート100PLUSII」。なお、主なアップデート内容は

東北地方へ誘導するルートを改善
長野への誘導を補強するために質問のバリエーションを追加
和歌山・兵庫への誘導を補強するために質問を差し替え、及び、ルート変更
島根・鳥取・香川・愛媛の振り分けを補強するために質問を差し替え、及び、追加
福岡県内のエリア分割を県民の感覚に沿う形に修正

などとなっているそうで、1千万人近い利用者のフィードバックを分析し、内容を修正。これによって的中率が大幅にアップしたのだとか。

100PLUS → 100PLUSII。進化のほどはいかに!?

実は以前、旧バージョンである「方言チャート100PLUS」を試してみたのですが、導き出された答えは、出身地とはかけ離れた場所だった私。

今回は私の出身地。見事に当てる事が出来るのでしょうか。

「方言チャート100PLUSII」チャレンジ開始!

質問に「YES」 or 「NO」と答えていくだけで出身地が導き出される「方言チャート100PLUSII」。では、早速チャレンジしてみたいと思います。

※出身地とは3~4歳から、13~14歳までに生活していた地域を指すそうです。

おらん。よく使う。(笑)

「じらー」

なにそれ!?初めて聞いた!

「しん」とは言わないが「せん」は使う事がある。

よって「はい」を選択!

その後も続く質問。

ちなみに私は10歳の時に(県外に)引っ越しの経験有り。ですので、当てるのは非常に難しい気がするのですが…

とりあえず最後まで進んでみた結果…

とある県に辿り着くことに!

十数個の質問に答えた結果、導き出されたエリア。それは…

福岡県!

素晴らしい!正解です!

先程も述べました通り、1度、県外に引っ越している私。質問でも、その地域、特有の方言を何度もしつこく聞いてきましたが、最終的にズバリと当てられた出身地。これは圧倒的に進化していると言っても過言ではありませんね。

驚きの精度を誇る「方言チャート100PLUSII」。SNSには

■出身地鑑定チャート。お見事でしたm(_ _)m 
■完成度が高すぎて面白すぎ!
■マジで精度が上がってた!
■この方言チャート100PLUSⅡすごい!長野県出身なのに今までずっと愛知県判定しか出なかったが、とうとう愛知県の壁を越えてくれたw ドンピシャで当ててくれたわ。

等、たくさんの声が寄せられていました。

ネットやSNSなどで人気を集め、4年間で1千万人以上が利用したという「方言チャート100PLUS」の進化版「方言チャート100PLUSII」。興味を持った方は是非、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら