現在『恋がヘタでも生きてます』に出演中の田中圭

実力、キャリアを共に携えた俳優さんで出演作品も多いですが、ここ最近は子犬のようなビジュアルに注目度が高まり、人気が上昇しています。星野源や高橋一生のように独身じゃありませんよ? 2人の子どもがいるパパですよ?

なぜこんなに魅力があふれているのでしょうか…。

【3つのポイント】

1. 『東京タラレバ娘』でのゲス不倫をする役で演技の幅を広げる

2. 現在出演中のドラマでも“ちょい嫌な男”の気配がしてそそられてしまう
3. 豆柴のような可愛い瞳と演じる役の“ギャップ”がカギ?

1. 『東京タラレバ娘』でのゲス不倫をする役で演技の幅を広げた

「結婚していますけど、いいですか?」

妻が妊娠中の丸井良男(田中圭)が独身の小雪に向かって放った驚愕のひと言。私も見ていて「これはキター!!」と身震いがしたことを覚えています。そこから毎週のように名台詞を連打する田中さん。

「だって子供がいるって言ったら、小雪さん僕とつき合ってくれなかったでしょ…?」おそらく台本上では上級のクズ男をイメージしていたかもしれませんが、田中圭が演じるとあら不思議。あの子犬のようなビジュアルマジックで、途端に憎めなくなってしまうのです。これには世の女子もジレンマに困ったことでしょう。

この作品まではヒロインを陰でそっと支えるイケメン…というバイプレーヤーのような立ち位置が多かった彼。でもこの作品では位置こそ変割っていないのに、世の女子の敵という役柄。印象が強烈すぎて、いきなり番手が上がったような錯覚を覚えましたね。

出典 http://www.ntv.co.jp

『東京タラレバ娘』公式サイトより

2. 現在出演中のドラマでも“ちょい嫌な男”の気配がしてそそられてしまう

現在放送中のドラマ『恋がヘタでも生きてます(テレビ朝日系列)』では、ゲーム会社の社長、巷では経営のプロと称される雄島佳介を演じている田中圭。NY帰りという設定も合間って、一歩踏み外すと鼻につく男と思われそうな設定です。ただギリギリのラインで嫌味になっていないのは、彼のベビーフェイスが一役買っているのでしょう。

このドラマにはファン垂涎のお宝シーンが続々登場。第一話で彼が飼い犬の子犬を抱いてまさかのシンクロニシティ。キスシーンではカメラに向かってチュー顔を接近させて、どアップになる演出も。テレビ朝日さん、よく分かっていらっしゃいます。

出典 http://www.ytv.co.jp

『恋がヘタでも生きてます』公式サイトより

3. 豆柴のような可愛い瞳と演じる役の“ギャップ”がカギ?

各局のドラマ制作部が「田中圭は何をやらせてもあの子犬顔が全てをうまく煙に巻いてくれる!」という彼のギャップから生じる魅力に気づき始めたのかもしれません。それが『タラレバ娘』の不倫男役に見事ハマり、「浮気するのは許せないけど、田中圭なら許したくなってしまう」のはなぜだろう…。

前出の『恋ヘタ』でベッドシーンがあったのですが、改めて見ると田中圭は割とマッチョなうえに身長も肩幅もあるといういい体をしているのです。そこにチョコンと乗っかったようなベビーフェイスとくれば、女性は大好物。

「許されるのなら田中圭に抱かれたい!」

そう思って当然です。さあ、木曜深夜はドラマで愛眼にいそしみましょう、癒されましょう。

プライベートをウィキってみると、名門進学校の学歴を持っていることも判明。奥様は女優のさくら、そして二児の父。全方位から攻め込んでも完璧さを漂わせる田中圭から今後も注目したいと思います。

ちなみに彼のちょっとまあるいボディフォルムが好きなのは私です。

【文/スナイパー小林】

出版社2社で女性ファッション雑誌、情報誌の編集部員を経て、まんまとフリーランスのライターに。すぐに会話へ取り込めるエンタメ記事と、心を少しだけ動かす読み物を得意です。テレビドラマを20年近く愛していたらいつの間にかドラマ評の仕事も舞い込むようになった幸せ者。 静岡県浜松市出身。目指せ、一流のノマドワーカーが最近の口癖。ツイッターは@hisano_k

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら