記事提供:Entame Plex

5月12日夜9時よりAbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルにて、『必殺!バカリズム地獄』#6が放送された。

同番組は、“ヤンキー鬼”に扮したお笑い芸人・バカリズムが、様々な職業の女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味し、最も地獄に落とすべき人を決めていく1時間のレギュラー番組。

第6回目の放送となった今回は、ゲストにタ元アイドリング!!!メンバーのモデル・大川藍と、グラビアアイドル・都丸紗也華を迎えた。

番組冒頭に、大川の“元アイドリング!!!”という紹介文を見たバカリズムは「元アイドリング!!!って言わないほうがいいよ」と辛口なアドバイス。

すると、大川が「なんでですか!(元アイドリング!!!と)いつも言っていますよ!別に黒歴史とかではないです」と答えるも、バカリズムは「あれ(元アイドリング!!!時代)は黒歴史ですよ」とツッコんだ。

その後、美人ビール売り子からの鬼ギレエピソードを紹介する映像が流れ、「舐めたお札を渡される」「盗撮される」や「手や体を触られる」など、次々と怒りが告白された。

バカリズムが、都丸に「撮影会でファンの方からセクハラされたことある?」と質問すると、「握手会で手首の方までベタベタと触られたことはある」と話した。

続いて大川は「握手会の際に、次に握手する(ファンの)人が、自分のズボンの中に手を入れて順番を待っていた。すみませんとも言えず、極力手に触れないように握手をしました」と過去のエピソードを告白した。

そして、ゲストからの鬼ギレエピソードを聞いていくコーナーでは、大川が元アイドリング!!!メンバーの朝日奈央の誕生日をメンバーの倉田瑠夏と3人でお祝いした際に起きたエピソードを話した。

大川と倉田は“ラブホテル女子会”をしようと事前に計画。倉田と朝比奈の2名がラブホテルに行くと大川がサプライズ登場し、みんなでお祝いするという内容で、大川は先にラブホテルに1人で待機していたという。

しかし、集合時間になっても2人が来ず、大川はロビーで1人待っていると周囲の人からジロジロと見られていたことを告白。大川は「どんな思いさせてくれとんねん。最近で一番鬼ギレしました」と怒りをあらわにした。

その話を聞いたバカリズムは「気をつけなよ。こういう(芸能界の)仕事しているから、いきなり“大川藍は出張”とか(週刊誌とかに)書かれたらどうするの!?」と指摘。

さらに、大川の勢いは止まらず、番組終了間際に「今日ほんまに言いたいことがあって…今日、マネージャーさんから入り時間が番組の開始時間になっていて、番組が始まる15分前にここに着きました」と暴露。

「昨日は朝7時くらいまで飲んでいたので、家に帰ってゆっくりゴロゴロしていたら、急にマネージャーから『いまどこいる?早く来て』と電話がかかってきた」と数時間前に起きた悲劇について話した。

また大川は「マネージャーさんは私には、そういう(酷い)扱いをする。これが(菊池)亜美ちゃんやマギーちゃん、秋元梢さんだったら絶対しいへん!」と主張し、「マネージャーさんの順序があるんですかね」と事務所の推しが弱いと語った。

それを聞いたバカリズムは、「すごい(事務所)にプッシュされていると思っていた」とコメントすると、「全然です。アイドリング!!!のときが絶頂期でした。仕事選んでいる場合ではない。どんな番組でも出るので番組出させて下さい」とバカリズムに直談判した。

(C)AbemaTV

権利侵害申告はこちら