記事提供:日刊サイゾー

ホリプロ公式サイトより。

「いまや、芸人さんがドラマに出ることは珍しくなくなりました。今クールも、ついこの前ブレークしたばかりのブルゾンちえみさんが主要キャストで出てますしね。今後、旬の芸人さんはどんどんキャスティングされると思いますよ」(ドラマ関係者)

桐谷美玲主演のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)に出演中のブルゾンちえみ。

今クールはバッファロー吾郎Aが『リバース』(TBS系)、桂文枝、春風亭昇太が『小さな巨人』(同)に出演するなど、多くの芸人が役者顔負けの活躍を見せている。

「実はあまり報じられませんでしたが、窪田正孝さん主演のドラマ『4号警備』(NHK)に、スピードワゴンの小沢一敬さんがゲスト出演していたんです。ストーカー役だったのですが、ハマり役で評価も高かったですよ。“あのNHKが冒険した”と、業界で話題になってます」(芸能事務所関係者)

先日行われた打ち上げにも、一次会にはメッセージを寄せて、二次会にはどうしても参加したいと駆けつけたという。

「小沢さんとしては、親友のチュートリアル徳井義実さんがドラマに出ているのがとにかくうらやましいみたいで、当日も自身の売り込みに必死でしたね(笑)。

現状、ドラマのキャスティングにおける芸人さんのランキングでいうと、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、ネプチューンの原田泰三さんあたりは別格として、徳井さん、カンニング竹山さん、ドランクドラゴン・塚地武雅さん、アンジャッシュ・児島一哉さんらがトップクラス、その下にオードリー若林正恭さんやドランクドラゴン・鈴木拓さんらがいます。

小沢さんはナルシストそのものの芝居ですが、ハマればいい演技をするとNHKの上層部も高評価しているので、またキャスティングされると思いますよ」(テレビ局関係者)

“セカイノオザワ”がドラマ界でも旋風を巻き起こせるのか、要注目だ。

権利侵害申告はこちら