記事提供:しらべぇ

日本人の国民食「カレー」。多くの人が幼い頃から母の味として味わってきただろうが、中にはこだわって自分なりの作り方を生み出そうとする人もいる。

カレーにおける「隠し味」について、話題になっている投稿を紹介したい。

■カレーの隠し味を追求した結果

はてな匿名ダイアリーに投稿された「カレーの隠し味で成功したことがない」というエントリー。投稿者である男性は別居&離婚協議中で自炊するようになり、カレーを作るようになったそう。

色んなレシピを参考にし、隠し味を使ったり、水ではなくトマトジュースやビール・ワインを使う、肉にスパイスを揉み込むなど、色んな方法試したらしい。

リスク回避もしっかりとっていたようで、シンプルなものを5食分ほど用意した上で、隠し味を試すのは1食分ずつに限定。それぞれ別の鍋に分けて試していくという、なかなか計画的なやり方だ。

しかし、男性がたどり着いた結論は「結局、市販のルーを買ってきて箱に書かれてる通りに作るのがベスト」というもの。

「やはり一流の食品メーカーが研究を重ねて作ったルーは素晴らしいものなんだろう。下手にいじらないほうがいいのかもしれない」と思うに至ったようだ。

もっとも、カレーのことを考えている間は「離婚のことを忘れられる」そう。隠し味は見つからずとも、気の紛らわせ方は無事見つかったということか。

■「スパイスいらね」「鍵は玉ねぎだ」などの声

この投稿に対し、共感やオススメのレシピなど、さまざまな反応が寄せられた。以下、一部を抜粋すると…。

・カレーのルーは説明書通りに作った時に最高においしくなるように設計してるので、素人が隠し味入れると味のバランスが崩れてまずくなる

・味に変化を付けたいだけなら、ルーの原材料名に書かれているスパイスだけを加えるようにすれば、まず失敗しない。それが隠し味か?っていうと微妙だけど。味は変わる

・隠し味ってなんだよ。隠す必要ねーだろ。カレーの基本は玉ねぎだ。まず玉ねぎの量をどうするか、どのくらい火を通すのかが極めて大切だ

・そんなに「隠し味」をしたいなら他の種類のルーとブレンドしろ。いつも使ってる安物のルーの一欠片を高級ルーに変えてみろ。味がかなり変わるぞ

・カレーのアレンジで唯一認めるのが玉ねぎをあめ色に炒めて後は普通に作る

・楽しそう。さっさと離婚して一人ライフを楽しんだほうが良さそう

出典しらべぇ

カレーには一家言ある人たちのようだが、「隠し味」に対しては否定派の人が多いようだ。

■調査でも「隠し味なし」が1位に

ちなみに、しらべぇ編集部が「みんなの声」で1万9415人を対象に行った「自宅で作るカレーライスに欠かせない隠し味は何ですか?」という調査では、「隠し味はいらない」という回答が1位だった。割合にして25.3%という多さだ。

企業努力が見えるこのアンケート結果ではあるが、「ソース」や「チョコレート」など比較的多かった回答ならまだ参考にできるのかもしれない。もっとも、前述の男性ならすでに試している可能性も高そうではあるが…。

【調査概要】
出典:dメニュー・iメニュー「みんなの声
集計期間:2014年8月27日~9月10日
投票数:19415票(有効回答数)

権利侵害申告はこちら