数日、豆乳ココアを飲むのが至福の時です。

氷抜きで注文をして、一日かけて、ちょこちょこ飲みます。

母がベッドに敷いてくれたタオルに、大きなフクロウが。

れいかの絵がうつりこんでいる笑。

姉のマッサージが上手すぎて驚いています。

いつの間にこんなに心地よいマッサージができるようになったのでしょうか。

しかも、ずっとマッサージし続けてくれるのです。

いつの間にか眠ってしまって、は!と目が覚めても、まだ、なで続けてくれているのです。

昨夜は、できることが少なくなっていく自分が怖くなってしまい、

「こんなふうに色々、手伝ってもらわないといけなくて、家に帰ったら帰ったで、みんなが大変になっちゃうね」

と言ったら、

「いいんだよー。まおちゃんは、生きててくれるだけでいいんだよ。ただいてくれればいいの。なーんにもできなくていいんだよ」

と言ってくれました。

でも、私は母親だから…と思うと、急に胸が締め付けられます。

娘が描いた絵。

右が私だそうです。

真ん中は、娘自身だそうです。

小さい子が、かんげん。

なぜかスカートの左、パパ。

「ママは優しくて光ってるから、頭の上に光の玉をのせてるの」

と言っていたそうです。

娘が私を思ったとき一番に苦しくみえていないことが私の心の救いです。

本当にまわりのみんなみんなのおかげです。

権利侵害申告はこちら