記事提供:日刊SPA!

※写真はイメージです。

家電や家具の買い替えに引っ越し…高額な出費を迫られたとき、同じものなら最安値でゲットして得したいのが人間の心情。ネット通販が台頭する現在、店頭の表示価格のまま支払うのは損している!?そこで今回、“家具の値切り”に挑戦してみた!

※価格は3月19~26日までのもので、税抜き実質表記です。交渉によって必ずしも同じ価格になるとは限りません。

◆時期、人、アウトレットで百貨店での値切りに成功

家具を値切るべく、今年3月にオープンしたばかりの池袋のニトリへ。店員にソファの値切り交渉を持ちかけるも、困惑した顔をされるのみ。

その後ルミネやパルコ内のショップ3軒を巡るも、値引きどころかポイント増すらも不可。それならばと送料を交渉するもそれも無理…。

流通ジャーナリストの渡辺広明氏は業界の事情を次のように語る。

「チェーン店の多くは本部の価格統制があり、店舗での値引きが難しいのが現状です。しかし一部では決算や月末などの売り上げが必要な時期は例外。時期を選び、決裁権を持つ役職者にあたれば交渉成功の可能性は上がります。アウトレット品を狙うのもポイントです」

匿名の元大手ECサイトの家具担当者は「海外メーカー品はブランドを守るために値切り困難。国産を狙うべきです」と指摘。

すると5軒目、西武百貨店で国産ソファの展示品が販売されているのを発見。交渉するとあっさり9000円の値切りに成功!ツボを押さえれば百貨店でも値切り可能!

・交渉結果

16万2000円→15万3000円

新品の定価は18万円。展示品であることに目をつぶってうまく値切れば、3万円近くもお得になる計算だ。

―価格交渉どこまで値切れるのか?―

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら