往来の激しい高速道路のど真ん中!中央分離帯に取り残されたワンちゃんを、危険を顧みず、身を挺して救出する男性。これが

■なんて勇敢な人なの。素晴らしいわ!
■一歩間違えたら死。自分には真似出来ないよ。
彼こそ真のヒーローだ!

と、海外を中心に話題となっていたので紹介したいと思います。

撮影されたのはルーマニア、ブカレスト近郊の高速道路。

ルーマニアの高速道路の制限速度は130km/hとのことで、動画にはとんでもないスピードで走る車が映し出されています。そんな危険すぎる場所で繰り広げられた感動の救出劇に、世界中の人々が称賛していました。

中央分離帯で動けなくなったワンちゃん。

「中央分離帯に犬がいる!」

高速道路を走っていた運転手からの通報を受け、現場に駆け付けたのはブカレストを拠点に活躍する獣医師“Ovidiu Rosu”さん。

なお、普通では考えらない場所にいるこのワンちゃん。Ovidiuさん曰く

「これは迷って高速道路に入った犬ではない。きっと、高速道路の路肩に捨てられたんだろう」

とのこと。

車が猛スピードで行き交う中、ワンちゃんにゆっくりと近づくOvidiuさん。

もし、ワンちゃんがOvidiuさんを警戒し、道路に飛び出してしまったら轢かれかねない危険な状況。

Ovidiuさんもその事を重々承知しており、なによりも怖がらせないこと。そして、信頼を得る事を優先し、話しかけながらゆっくりと近づいたのだとか。

細心の注意を払いながら行われる救出劇。

一歩間違えれば大惨事も免れませんが…

「大丈夫だよ!こっちにおいで!」

と話しかけるOvidiuさんに、すぐに心を開いたワンちゃん。

ゆっくりとOvidiuさんの方へ!

よし!捕まえた!

しっかりとワンちゃんを抱きかかえたOvidiuさん。

そして、タイミングを見計らって…

中央分離帯から退却!

安堵の表情を浮かべるOvidiuさん。なお、ワンちゃんは怖さのあまり、体が硬直しちゃっていますが、その後Ovidiuさんが診察した結果、特に怪我などは見られなかったそうです。

一歩間違えたら死もありえる中、身を挺してワンちゃんを助けたOvidiuさん。では救出の一部始終をどうぞご覧下さい!

出典 YouTube

無事で良かった!

ワンちゃんが驚いて飛び出さないよう信頼を得るのに必死だったというOvidiuさん。ちなみにSNSには

「警察は何をしていたんだ!」

との声もありましたが、もし、警察官が何の考えもなく駆け寄っていたとしたらワンちゃんは、驚いて道路に飛び出していたかもしれませんね。

現在はOvidiuさんの家で保護されているというワンちゃん。里親が見つかるまではOvidiuさんが面倒をみるとのことです。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら