記事提供:しらべぇ

ムチムチとした肉付きの「ぽっちゃり女子」に惹かれる男性は少なくない。しかし、「どこまでがぽっちゃりのラインなのか分からない」という悩みを抱える女性も…。

9日、AbemaTVで放送された『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』で、ぽっちゃり女子に対する男性たちの本音が明らかに。

■「ぽっちゃり女子」に対する男性の本音

番組では「女性のぽっちゃりはどこまでOKですか?」という悩み相談について、男性たちが赤裸々に本音を語った。

ある男性からは、身長から体重を引いた数字が目安になるという意見が。105~110が平均ラインで、100を下回ると「太っている」という認識だという。

また、その女性の美意識に関係する意見も。メイクや髪型や服装など、身なりに対して努力していれば、女性として意識できるという。

一方で、女性であることを捨てている場合は、「ただのぽっちゃり」として性の対象からは外れてしまうとのこと。

そして「バストが大きければOK」という声も。さらに、バストとウエストとヒップのラインのメリハリがはっきりしていれば体重は関係ないという意見も見られた。

■男性の3割以上は「ぽっちゃり女子好き」

しらべぇ編集部が全国の20代~60代男性679名に「肉付きの豊かな女性」について調査したところ、3割以上が「好き」と回答。

体重や美意識やバストなど、男性それぞれの主観に委ねられている側面はあるだろう。しかし、それでも3人に1人が「ぽっちゃり女子」を好きなことが判明した。

結局のところ、「ぽっちゃりのラインはどこまで?」という女性の悩みは曖昧なまま。とはいえ、男性は美しさのために努力している女性の姿を見ていることはたしかなようだ。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男性679名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら