100円ショップで販売している「羊毛フェルトキット」を、本気を出して作ってみたプロの羊毛フェルト作家さん。その作品が「作画崩壊かよ!」「凄すぎて感動した!」と現在、Twitterを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

制作したのは、沖縄を拠点に活躍する羊毛フェルト作家“ヒナリ(@hinalifelt)”さん。なお、こちらの作品も羊毛フェルトで作った猫ちゃんですが、どこからどう見ても本物!これは期待せずにはいられません。

ちなみに、この「羊毛フェルト」。羊毛を特殊な針でつつく事で繊維を絡め、任意の形を作っていくのですが、とにかく根気がいるのです。また、少しでも油断すると針が指に刺さってしまう為、まるで修行のような作業が続くのですが、さすがはプロ!

キットの中の限られた材料を使って驚きの作品を創り上げるのでした。

では、見る人全てが度肝を抜かれていた…衝撃の作品。どうぞご覧下さい!

まずは完成イメージ!

そして、出来上がった作品がコチラ!

マジかよっ!!!

可愛らしいトラが、めちゃくちゃリアルなトラに大変身!

顔に全力を注いだ事によって材料が無くなり、体はかなり貧相になってしまいましたが(笑)、とにかく衝撃的すぎる作品。

本気で感動してしまったので、制作者のヒナリさんにお話を伺ってみました。

Q. 制作時間を教えて下さい。

A. 制作時間はトラの資料集めに約1時間(ひたすら特徴を掴む為画像を眺めます)。制作に約1時間。合わせて約2時間です。

Q. なぜ100円ショップのキットで「トラ」を作ろうと思ったのですか?

A. 普段から面白いことを考えるのが好きなんです。予想とは違うことを想像したりして…頭の中で笑っています。そんな中、羊毛フェルトキットの可愛い完成見本を裏切ったらどうなるんだろうか。きっと面白いだろうなと思い…今回制作しました。

Q. 制作するうえで“コツ”などがありましたら教えて下さい。

A. 作りたいモデルがあれば穴があくまで観察し、それの幅、奥行き、高さ、窪み、膨らみといった形状をしっかり把握することです。

Q. 本当にこの「トラ」。羊毛フェルトキットのみで制作したのでしょうか?

A. はい。全て付属の材料です。また、針は、いつも使用している市販の針を使いました。(付属の針でも遜色ないと思います)

Q. 次回作の予定はありますでしょうか?

A. 創作意欲を掻き立てるキットがあればまたやりたいです。

Q. 「羊毛フェルト」をこれから始めようとする人に何かアドバイスがありましたら教えて下さい。

A. 自分の想像したものを形にすることのできる「羊毛フェルト」は面白い素材です。細かい設計図もいりません。気の赴くままにチクチク刺して面白い作品を生み出してみては。上手に出来ても出来なくても完成作品は愛着がわくものです。

何度見ても凄い…ヒナリさんの作品。実は2年前にも一度、100円ショップのキットを使い作品を作っていたヒナリさん。それがコチラ!

これまた圧倒的なクオリティ!

これはお見事としか言い様がありませんね。

東京の表参道にあるペリーハウスギャラリーで開催される「ねこのま展(5月26日~5月29日まで)」に参加されるというヒナリさん。

興味を持った方、魅了された方は是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら