記事提供:しらべぇ

5月14日(日)は母の日。

なんとなく照れくさくて言えない「ありがとう」も、この日だけはなんだか言えてしまう…そんな人もいるだろう。

カーネーションなど、なにかプレゼントをお母さんに贈る…という人は、どれくらいいるのだろうか。

■やっぱり女性のほうが「プレゼントを贈る」

しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,336名を対象に「母の日はプレゼントを贈る」かどうか調査したところ、全体の38.5%の人は「贈る予定だ」と回答。お母さんの3人に1人は、なんらかのプレゼントをもらっているようだ。

性年代別で見てみると、やはりどの年代も女性が多い。

年齢が上がるにつれて減少しているのは、すでに母が他界してしまった…という人も増えるからだろう。

60代の人の母親となると、80代以上…もちろん相手が自身の母親でない可能性もあるが、それでも男性2割、女性3割の人がプレゼントを用意するというのだからすごい。

■「プレゼントする」「しない」それぞれの意見は…

「私は、毎年必ずプレゼントを贈っています。贈るものはその時の懐事情で変わるのですが…。母親に改まって感謝を言えるのって、母の日か誕生日くらい。これからも大事にしたいなって思います」(20代・女性)

出典しらべぇ

「自分の母親、旦那の母親、それぞれに贈ってます。これも嫁の務めかな、って」(40代・女性)

出典しらべぇ

「今まで1回も贈ったことないです。多分これからもやらないと思う…。そもそも何がほしいのかもわからないし、カーネーション贈ったところで、ねえ」(30代・男性)

出典しらべぇ

「お金の無駄だからいらない、と以前言われたので」(20代・男性)

出典しらべぇ

せっかくの母の日。感謝の言葉だけでも伝える準備をしてみては?

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の男女1,336名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら