記事提供:日刊SPA!

【見落とし度1位】ウェリントンフォールディングサングラス 1500円(+税)

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第125回目をよろしくお願いします。

今回はマストバイのなかでも「見落としがちなもの」にフォーカスしました。皆さんユニクロが「メガネ」を展開しているってご存知でした?

…店に通っている人でも「つい見逃しがちなマストバイ」を今回は3つ紹介します。

▼「見落とし度1位」:ユニクロのサングラス

・ウェリントンフォールディングサングラス 1500円(+税)

アパレル関係者の間では密かに話題になっているユニクロのアイウェア。陳列場所も地味だしHPもあまり打ち出していないため「ユニクロがメガネやサングラスを手がけている」ことを知らない人も多いはず。

実は、私はアイウェアラインをユニクロ史上指折りの良カテゴリだと思っています(2年前ほどから買いはじめてすでに「ユニクロメガネ」を10本以上持っています)。

なかでもおすすめなのはこちら「フォールディングサングラス」。聞きなれない商品名かと思いますが、レイバンが手がけてヒットを飛ばした「たためるサングラス」です。真ん中から折りたたむことができるため携帯に非常に便利。

昨年の夏はレイバンのフォールディングサングラスを持っている人を沢山見かけました。

もちろんこのサングラス、折りたたみ機構だけがウリではありません。最大の魅力はフォルムにあります。レイバンもペルソールも有名サングラスブランドは海外製品がほとんどです。

トムフォードなど一部のブランドが「アジアンフィッティング」といって日本人などアジア系に向けてフォルムをリデザインしたモデルを出しているように、欧米人と私たち日本人の顔の造作は根本的に異なります。

サングラスはとくに眉毛と目の距離、耳と目の距離が重要です。レンズに眉毛が隠れたほうがカッコよく感じるのです。

眉毛と目の距離が恐ろしく近い欧米人向けのサングラスを日本人がかけると、レンズの上に眉毛が「ぴょこん」とのっている状態になり、やや間抜けに見えます。

また耳と目の距離も欧米人と日本人は異なるので、欧米向けのサングラスではそもそもフィットせずパテなどを使って調整する必要があることも。

海外店舗が増えたとはいえユニクロの展開するサングラスはどちらかというと日本人の顔向けにつくっている印象。レンズが眉毛にほどよくかかり、フィッティングも上々、お直しする必要もなくストレスゼロで掛けられます。

形のいいサングラスを探そうとすると2万~3万円と平気でしますが、ユニクロなら1500円。サングラスを普段かけない人もこれならチャレンジする気になるでしょう。

ぜひ試着してみてください。「あれ??案外いいかも…」とほとんどの人が思うはず。もちろんサングラスだけでなく「伊達メガネ」もオススメです。

▼「見落とし度2位」:ユニクロの折りたたみ傘

⇒【写真】はコチラ

・コンパクトアンブレラ 990円(+税)

これは気づいてない人がほとんどでしょう。ユニクロはなんでもっと打ち出さないのか?ユニクロ史上屈指の名作だと思うんですけど。

折りたたみ傘は持ち運ぶために、コンパクトで軽量にしなければなりませんが、風が吹いたときに「踏ん張る」ことが必要になります。

重量のある芯のしっかりとした傘ならばともかく、華奢で軽量な折りたたみ傘ではどうしても風が吹くと、飛ばされるストレスとともに歩くことになるのです。

ところがこの傘、なんと「くるくる回転する」のです。目から鱗の発明ですが、くるくると傘が回転することで風が吹いてもその力を受け流してくれるのです。これ始めて使ったときは感動しました。

私の生まれは新潟市。海が近く風が強い場所も多いのですが、この傘ならばさほどストレスに感じない。

これから梅雨の時期を迎えるにあたって、とくにオススメしたいアイテムです。デザイン自体はなんてことない普通のものですが、まあ折りたたみ傘にまでおしゃれを求める人もそんなに多くないでしょう。

持っていて恥ずかしいデザインではないし、このくらいのシンプルさで十分です。

コンビニのビニール傘の売り上げに貢献するよりも、これ一本買ってカバンに忍ばせておいたほうがスマートだし楽です。

▼「見落とし度3位」ユニクロの下着

⇒【写真】はコチラ

・エアリズムボクサーブリーフ(ローライズ)790円(+税)※値下げ期間

以前も書いたので「お前どんだけこのパンツ気に入ってんだよ」とツッコミがきそうですが…これも「見落としがちなユニクロの逸品」の一つ。紹介させていただきます。

これね、もうはき心地は「ほぼノーパン」なんですよ。この通気性と軽量感は半端じゃない。

私はプライドとこだわりで「パンツはユニクロを選ばない」「いざというときのためにパンツはブランド品を選ぶ」と頑なに拒否していましたが、はいてみたらノックダウンでした。

とにかく軽く通気性がいい。パンツは蒸れとの戦いですが、ユニクロのパンツほど「ノーパン感」を味わえるものはこの世にありません。

イタリア産のノーシームパンツをはじめ、ありとあらゆる高級アンダーウェアを体感してきましたが、はき心地でユニクロに勝てるパンツは正直ありません。

ただ一点あるとすればバリエーションが少なすぎる。「エアリズムボクサー」もローライズとハイライズの二種類あります。

股上が浅いローライズのほうが一枚で着た際には格好いいのでオススメですが(ハイライズだと「おむつ」っぽい)、どうにもこれが色や柄のバリエーションがない。

UT(プリントTシャツ)もいいのですが、アンダーウェアのデザインコラボをぜひやってほしいもの。柄と色さえ増えてくれれば私はもう一生アンダーウェアはユニクロでいいくらい。最高のはき心地です、はいてない人は人生損してますよマジで。

以上、見落としがちマストバイ3選でした!

【MB】

ファッションバイヤー、ブロガー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす(@MBKnowerMag)。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」が話題に。

また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。

女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。

自身のブランド「MB」にてスキニーパンツを発売したところ、5分で完売!初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』が発売中。Kindle版もリリース。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら