マーブルチョコや金平糖がコロコロと転がる…まるでアクアリウムのような新感覚クッキー「シャカシャカクッキー」。これが「めっちゃ可愛い!」「これは作ってみたい!」と現在、SNSを中心に話題となっているので紹介したいと思います。

※アクアリウム → 水生生物を飼育する水槽、及び、水族館のことを指す。

水槽の中を泳ぐ魚を見ているような気分になれる…このシャカシャカクッキー。ちなみに海外では、その名もズバリ「Aquarium Cookies」と呼ばれているそうで、近年、ハロウィンやクリスマス等のイベントで大注目されているのだとか。

見ているだけで楽しいクッキー!これは作らずにはいられない!

振って楽しい、食べて美味しい!従来のクッキーとは一線を画す…この次世代型クッキー。用意する材料は

■無塩バター 100g 
■グラニュー糖 80g
■卵 1個
■薄力粉 200g
■キャンディー 16〜20個
■スプリンクル 適量(マーブルチョコや金平糖でもOK)
■ホワイトチョコレート 30g

コチラの7種類!では、早速ですが「シャカシャカクッキー」の作り方、説明していきたいと思います。

まずは「クッキー作り」から開始!

ボウルにバター(100g)とグラニュー糖(80g)を入れ、ゴムベラを使ってよく混ぜ合わせます。

綺麗に混ざったら、卵を投下!

更に、しっかりと混ぜ合わせ

最後に、ふるいにかけながら薄力粉(200g)を投下。粉気がなくなるまでよく混ぜ合わせます。

クッキーを作った事がある方なら、ここまでの手順は容易に想像出来るのでは?

なお、出来上がった生地はひとつにまとめてラップで包み、冷蔵庫で最低30分以上は休ませて下さい。

30分以上冷やしたら、めん棒を使って、クッキー生地を5mmほどの厚さに伸ばし…

直径8cmのクッキー型で型抜き。そして

さらに、内側を直径5cmのクッキー型を使って抜き、ドーナツ型にします。

※クッキー型のサイズは何cmでもOKですが、ドーナツ状になるよう、最低、大きさの違う2種類のクッキー型を用意して下さいね。

こんな感じになればOKです!

続いて、最も重要な工程へ!

オーブンを180˚Cに予熱したら、出来上がったドーナツ型の生地をクッキングシートの上に並べ、180℃のオーブンで10分焼きます。

そして、綺麗に焼けたら、中央にキャンディーを置き、180℃のオーブンで3~5分、キャンディーが溶けるまで焼いて下さい。

高温に熱せられ溶けるキャンディー。

あれよあれよとステンドガラスのような状態に!

十分に冷やしたら、あとは、キャンディーの上にお好きなスプリンクルを並べ…

※2枚で1セットです。上の画像だと、6枚のシャカシャカクッキーを作る事が出来ます。

何も入っていない方の生地に、溶かしたホワイトチョコレートを塗り

スプリンクルが入っている方とくっつければ…

次世代型クッキー「シャカシャカクッキー」の完成です!

では、今一度制作工程。動画にてご覧下さい!

出典 YouTube

これは作らずにはいられない!

子供だけではなく、大人もワクワクする「シャカシャカクッキー」。なお、重要なポイントは、キャンディーを溶かしたあと十分に冷やすこと。しっかりと冷えていないと、スプリンクルがくっついてしまうそうなので、制作の際は十分にご注意下さい!

制作時間は1時間以上要しますが、それだけの価値がある「シャカシャカクッキー」。是非、この機会に一度作ってみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら