記事提供:しらべぇ

街でからまれた時に、女性を守る行動を取れたり、冷静に対処できたりする男性は素敵にみえるし、株も上がるだろう。

だが中には、度を越した行動を起こして幻滅される人もいるようだ。しらべぇ取材班は、女性たちに「街でからまれた時に男性がしたドン引き行動」を聞いてみた。

①「俺の女になにしてんだよ!」と、掴みかかる

「繁華街の夜道を歩いていた時に、サラリーマン風の酔っ払い男性が『一緒に飲みに行きましょうよ~』と、私をナンパしてきたんです。

どうせ目の前を歩く女すべてに声をかけているんだろうし、無視すればいいだけなのに、一緒にいた彼氏が『俺の女になにしてんだよ』と、掴みかかり出し。

本人はカッコいいつもりだったんでしょうが、いい年して恥ずかしいし、『俺の女に~』というセリフも、ドラマの見すぎでむしろダサくて…」(Yさん・30歳)

出典しらべぇ

②「ほら、これあげるから」と、お金を渡して解決しようとする

「街にたむろしていた若者の前を通る時に、デートをしていた年上男性がそのうちのひとりにぶつかってしまい、『なにすんだよ!』とすごまれたんです。

でも別に『すみません』でいいと思うし、しつこく絡んでくるなら警察を呼べばいいだけなのに。その男性は『ほら、これあげるから帰りなさい』と、カタカタ震える手で財布から一万円を出し、渡していて。

『え…お金で解決すんの』と、さすがに笑いそうになりました。臆病だったんですかね…」(Rさん・29歳)

出典しらべぇ

③戦う女性を尻目に、若者にペコペコ謝罪する

「彼氏と夜に地元を歩いていたんですが。うちの地元はあまり治安が良くなく、通りかかったヤンキー風の若者が、行く手を遮りしつこく絡んできたんです。

でも私もどちらかというと元ヤンタイプで、こんなの慣れっこ。『てめーらガキのくせに調子のってんじゃねーよ。どけよ』など、言い返していました。

でも横にいた彼氏は、私の袖をひっぱりながら『ちょ、ちょっとやめよう』と言い、『すみません。すみません』と若者にペコペコ謝罪。情けなかったです」(Sさん・29歳)

出典しらべぇ

戦ってほしい女性もいれば、相手をせずに通り過ぎてほしい女性もいるなど、タイプによって、からまれた時に男性に起こしてほしい対応は違うだろう。

だが、あまりにも挑発的すぎたり、情けなさすぎたり…など極端すぎると、引かれることになるようだ。気をつけたい。

権利侵害申告はこちら