記事提供:gori.me

Anker製品の偽造品がオンラインショップを中心に流通していることが明らかになった。

偽造品が確認できているのは「Anker PowerCore 20100」と「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」の2製品。これらの偽造品はAnkerが設計・生産したものではないにもかかわらずAnkerの商標を不正に使用。

当然ながら偽造品はAnker製品ではないため、Ankerの保証を受けることもできない。上記製品を購入する場合は正規販売店であるかどうかを入念に確認するよう、案内している。

Ankerのオンライン販売店は AnkerDirect(Amazon店)、アンカー・ダイレクト楽天市場店(楽天市場店)、AnkerDirect(Yahoo!ショッピング店)の3店舗。家電量販店や専門店の正規取扱店舗はこちらから確認できる

続きに正規品と偽造品を見分ける方法を載せておくので、該当商品の購入を検討している人は念のために確認しておくべし!

Anker製品の正規品と偽造品を見分ける方法

以下に正規品と偽造品の見分け方を載せておく。2つの写真が並んでいる場合、左側の写真が正規品、右側の写真が偽造品となっている。

「Anker PowerCore 20100」の場合

偽造品は「Input」および「IQ」のフォントが正規品よりも大きく刻印されている。

偽造品は端子の向きが上下逆向きになっており、USBポートの中がグリーンになっている場合がある。

偽造品には底面にマークが印字され、縁に使用されている素材が正規品と異なる。

偽造品はポーチにPowerCore本体を収納することができない。

「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」の場合

偽造品は端末の形状が異る。正規品はUSB端子側が丸みを帯びている。

偽造品はLightning端子側に「PowerLine」の文字が刻印されていない。

偽造品はUSB端子側にシリアルナンバーが刻印されていない。

偽造品の方がケーブルそのものが太く、白い(上が偽造品、下が正規品)。

偽造品はパッケージにMFi認証の文字が用意され、フォントが異なり、長さのステッカーデザインが異なる。

偽造品は吹き出しの中の「★」が「・」になっている。

カスタマーサポートの問い合わせ先が「anker.con」や「suppprt」に。

権利侵害申告はこちら