記事提供:日刊SPA!

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】

“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆「大人の定義」を教えてください!

あきらっきょ(ペンネーム)会社員 男性 29歳

最近、職場も私生活も子供のような大人で溢れかえっています。

中途半端に仕事を投げ出し人任せにする者、「わからない」で済ます者、まさに「小学生にでもわかる内容」まで噛み砕いて説明しなければならない者…プロフェッショナルのかけらもありません。

また、道を譲り合わない者、子供のまま大きくなった礼節態度のない者…親の顔を見て見たいものです。そこで、ふと思ったのですが、佐藤さんの「大人の定義」を教えていただきたく相談致しました。ぜひ、お聞かせください。

◆佐藤優の回答

あなたが指摘するように、職場で大人としての自覚を持たない人が増えているように思えます。こういう人には共通した特徴があります。時間にルーズなことです。私は'15年から母校の同志社大学神学部で特別講義を行っています。

そこで教える重要なテーマの1つが、どうやってまともな社会人になるかです。講義では「遅刻をしないように」と強調し、こんなことを述べています。

=================

佐藤:今回が最終回なので、受講態度についてもひと言申します。この先、社会人になってから強く注意してほしいと同時に、外国に留学するなら絶対にしてはいけないことがある。それは遅刻です。外国の大学では厳禁で、教室の鍵を締める大学も多いです。

それから社会人の遅刻は、決定的に信用をなくします。二、三回遅刻するだけで、常にそういう人だと思われてしまう。特に営業職なんかで、こちらからお願いしている面会に遅れでもしたら大変です。

では、もし遅刻しそうになったら、どうする?

学生:相手に連絡をする。

佐藤:事前に電話をする。必ず正直に「遅れます」と。そのときに、地下鉄が止まっているとか言い訳めいた理由を付けないことも大事です。そんな交通情報はすぐ確認できてしまうし、嘘をついたら、今度は相手に嘘つきだと思われてしまう。

別に理由は言わなくても、「遅刻します。何分、遅れます」ということを、約束時間の二、三分ぐらい前までには連絡すること。

何か別の用事が入って遅刻するのが数時間前にわかったのなら、その時点ですぐに電話をして、アポイントの時間を遅らせてもらうこと。

遅刻しても理由も何も言わないとか、嘘をつくというのは最悪です。(『悪魔の勉強術――年収一千万稼ぐ大人になるために』250~251頁)

=================

社会人としての基本的習慣が身についているかどうかは、遅刻をする傾向があるか、さらに遅刻をしそうなときにどのような事前対応をするか、また、遅刻の理由について嘘をつく傾向があるかどうかをチェックすれば、だいたいわかります。

それですから、私自身の大人についての定義は「遅刻をしない人。遅刻しそうな場合に適切な対応が取れる人」ということになります。

あなたがイライラしている〈中途半端に仕事を投げ出し人任せにする者、「わからない」で済ます者、まさに「小学生にでもわかる内容」まで噛み砕いて説明しなければならない者〉については、2つに分けて考える必要があります。

第1は、職業人としての姿勢がなっていない場合です。この場合は、職場の厳しい訓練で、態度が矯正される可能性があります。

第2は、能力が基準に達していない場合です。この場合は、いくら注意しても直りません。

職場にはいろいろな人がいると割り切って、自分が担当する仕事だけをきちんと処理することが現実的な対応と私は考えます。

【今週の教訓】

大人の自覚に欠ける人間は時間にルーズ。

【佐藤優】

'60年生まれ。'85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。'02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数。

※『佐藤優のインテリジェンス人生相談』は週刊SPA!にて好評連載中。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら