記事提供:Entame Plex

恋愛・婚活のサービスって実際どうなの?

興味はあるけど…と尻込みする人もまだまだ多いはず。そこでEntame Plexは、マッチングサービス「Pairs(ペアーズ)」の特別イベントに潜入。最近の恋愛・婚活事情についていろいろと聞いてみた。

同イベント「Pairsプレミアムフライデート」は、4月28日のプレミアムフライデーに合わせて企画されたもの。この日、東京・渋谷のビストロダイニング「NOS ORG」には、Pairsでマッチングする男女50組100名が集まり、食事とトークを楽しんだ。

「デート費はPairs全額負担」の触れ込み通り、開催時間の16~18時までは「NOS ORG」での食事と飲み物はPairsが無料で提供する。聞けばこの日が初対面のカップルも多数とか。

参加した30代男性は「マッチングアプリって最初はちょっと抵抗があったけど、こうしていい出会いができた。1歩踏み出してみて良かったです」と笑顔を見せた。

この日は、婚活コンサルタント・澤口珠子氏も来場した。

澤口氏は、自身の生徒にもこうしたマッチングサービスの利用を推奨しているそうで「ネットでは、多種多様な人と出会えるチャンスがたくさんある。自分磨きのためにもどんどん活用すべき」と話した。

澤口氏の感覚では、マッチングにおいて20代男性が年上女性を求めるケースが増えているとか。イベントの感想は「太っ腹ですよね。デート代全額負担ってうらやましいです。私が独身だったら絶対参加してました(笑)」とのことだ。

マッチングサービスの利用者数は年々増加しているようで、Pairsを運営する株式会社エウレカの代表取締役CEO・石橋準也氏は「最近では自分から『マッチングで出会った』と公言する人たちも多くなった。それだけ身近なものになってきたと思う」と語る。

また、これからのPairsについて「気軽に出会いの場として使えるよう、ひとつの日本の文化にしていきたい。オンラインだけでなく今回のようなオフラインイベントも増やして認知度を上げていければ」と明かした。

「プレミアムフライデート」も今後、店舗数を広げて全国で展開していく計画のようだ。

イベント中盤には、Pairsで出会い2周年を迎えたカップルに記念ケーキが贈られる一幕も。カップルの40代女性は「すぐに相手と連絡を取り合えるのがPairsのいいところ。まずは、知り合いやお友達を作る感覚でスタートしてもいいと思います」と語った。

権利侵害申告はこちら