ニュースイーツの聖地として知られるカリフォルニア

つい先日も、カリフォルニア生まれのチュロス専門店「The Loop」の斬新スイーツ「レインボーチュロス」を紹介しましたが…

今回紹介するのは、ベルギー発祥の大人気スイーツ「ワッフル」を進化させて作ったという、その名も…

「Waffle Pop(ワッフルポップ)」

なるニュースイーツ。これは2017年、世界中で大ブームを巻き起こすかもしれませんよ!

カリフォルニアで現在、大流行中!

可愛さ、美味しさ、共に100点。さらに「インスタ映えする!」と話題沸騰中の…この「Waffle Pop」。開発したのはカリフォルニアに拠点を置く企業「Sweet Conbforts」社でして…

ワッフルの上に砕いたクッキーやマシュマロ、キャンディー(口の中でパチパチ弾けるお菓子)やドライフルーツなどをトッピングした後に、パールシュガーで全体をコーティング。さらに、食べやすいように“木のバー”をプラスした…この斬新すぎるニュースイーツは、カリフォルニアの女性たちの間で瞬く間に拡散!現在、世界中から注目を集めています。

ハニカム(蜂の巣)状の凹凸の中に、散りばめられたクッキーやキャンディー。

ちなみに、味や斬新な見た目だけではなく

食べる場所によって違う“食感

も人気の秘密なのだとか。

音楽フェスで販売してみたら…爆発的にヒット!

「Waffle Pop」を開発後、アメリカ、カリフォルニア州インディオの砂漠地帯“コーチェラ・ヴァレー”にて毎年行なわれている野外音楽フェスティバル「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival)」にて販売してみたというSweet Conbforts社。すると、予想を遥かに超える売り上げを記録!

これがきっかけとなり、現在、本格的な販売に向けて準備を進めているとのことです。

「手が汚れないからいい!」

と、音楽フェスで絶賛されていたという「Waffle Pop」。たしかにこれなら、食べやすいですし、手も汚れませんね。

コーティングする前のワッフル。

そして、コチラがコーティング後のワッフル。

まるでアートのようですね。(笑)

現在、10種類ほどのメニューが存在しているそうですが、今後は、もっとメニューを増やしていくとのこと。

ゴツゴツとした食感や、ワッフル特有のふんわりとした触感など、最後の一口まで楽しめる「Waffle Pop」。これは流行らないわけがありませんよね。

この可愛さ&オシャレ感。これはインスタグラムにアップしたい!(笑)

世界中で大流行の予感!?

見た目だけではなく、食べやすさも考えられた「Waffle Pop」。なお、現在の所、実店舗はまだ存在していませんが、近々、お店をオープンする予定とのことなので、興味を持った方、魅了された方は「Sweet Conbforts」の公式インスタグラムアカウント。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら