有名人のSNSでは、普段は見ることのできない素顔が垣間見れるのが大きな魅力です。特にスポーツ選手のSNSは、試合や練習・稽古などで見せるストイックな表情とはガラリと違う顔が見られるのが大きな魅力。先日は、力士たちの面白可愛いプライベートに出会える日本相撲協会のTwitterをご紹介しました。

今日ご紹介するのは、イケメン力士としても注目を集めている大相撲・佐渡ヶ嶽部屋の十両・琴恵光関が先月始めたばかりのInstagram。注目の1枚目は、なんとも美味しそうなカツオのたたきの写真でした。

しかし、話題になったのはこの写真ではなく、この写真に添えられていたコメント。

「井こうち井かつおのタタキ井美味しかった井」

一瞬、かつおのタタキ丼?と思いきや、真ん中の点もないし、文字の位置もなんだかおかしい…。カンの良い人はもうお気付きだと思いますが、これ、ハッシュタグ『#』を間違えて『井』と入力しているんです。

SNSに慣れていない様子がうかがえるこの可愛すぎる間違いに、フォロワーからも「ハッシュタグwww」「新しい! ハッシュタグ井 」と突っ込みが。さらにTwitterなどでも「琴恵光関のインスタがツボすぎるw」「これやばい。めっちゃ和む」「フォローせざるを得ない」など話題に。

それにしても『井』って!!奇跡的とも言えるお茶目な失敗です。

2回目の投稿では無事にハッシュタグ習得!

2枚目となる写真・高岡蒼甫さんとのツーッショットを投稿した際には、「この間大親友と写真撮ったやつをペタ」とコメント。高岡蒼甫さんと大親友だったのかと意外な交友関係に驚いていると、ハッシュタグで「#1回#会ったら#お友達#1回#写真を#撮ったら#大親友」とオチをつけてみせた琴恵光関。ハッシュタグを完璧に使いこなせるようになっていました。

続けて書かれた「#インスタグラム#2回目にして#←覚える#日々成長#失敗は成功の素」がなんとも可愛い!

しかし、琴恵光関の奇跡はまだまだ続きます。カモメ、船、追っかけて来て、疲れて、休憩。」と書かれた日の投稿では、疲れたカモメが休憩していたのはなんと…

琴恵光関の頭の上!!!

しかも、しっかりカメラ目線のカモメと、どこを見ているんだ?という琴恵光関の表情が、なんともシュールすぎる1枚!しかも習得したハッシュタグで書かれていたのがこちら。

「#帯にうんこついてた」

もう天然ボケの神様がついているとしか思えない琴恵光関ですが、イケメン力士と以前から注目されていました。2007年3月場所で佐渡ヶ嶽部屋から琴柏谷の四股名で初土俵。先日は、その当時の写真を「今年で10年」というコメントと共に公開。今よりほっそりしているだけでなく、髪を下ろした姿も新鮮。

この写真には、フォロワーからも「カッコいい」「超イケメン(///∇//)やばい!」「10年前も今もイケメンすぎ」とハートマークいっぱいののコメントが。

まだ開設したばかりなので、まだ投稿数も8枚と少ないですが要チェックです。土俵上もSNSでも、琴恵光関のこれからの活躍に期待ですね!

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら