自称、自虐特化型アラサー・ヤマダモモコさんの描く育児漫画が、思わずヘッドバンキングする程あるある過ぎると、密かに注目を集めています。なぜ密かにかって?それは「きっとこんなの私だけかも?」というママさんたちが口にだせずに抱えている気持ちを、笑いと共に力強く吹き飛ばししてくれるから!

SNSで見かけるおしゃれな育児や、キラキラの時間?え?なにそれ、美味しいの?現実はそんなもんじゃない…そんな気分になった事があるママたちは必見です。

淑女のスポーツ、足ベッドメイキング

足がつる?そんな心配してたら育児なんかできません。でも時々、本当につっちゃうから恐ろしい。それにしても、こんなに足を使ってるのに、なんで細くならないんでしょうねぇ…。

女は毎夜、ヒョウとなる

寝かしつけの時は、女豹のポーズ。世のママたちは、人知れず色気を振りまいているのです…そう、私は女豹!

「品のある女性」が遠すぎる

ハイローチェアを卒業し、まさかの自分がチェアの役目を担う日が来るなんて…子育てってちょっと先も予想ができないものなのです。

大人と話したい

なんでもない普通の会話でいい…いや、むしろなんでもない普通の会話がしたい!!会話に飢えて飢餓状態になる、そう、それが子育て。

大人とうまく話せない

それなのに、ブランクが長く深すぎて、大人との会話がうまくできない。嬉しのに、楽しみにしてたのに、言葉が出てこないことに更に焦る!

「幸せ」のハードルがめっちゃ低くなった

パンをトースト(焼けるなんてなんて夢みたい)して、座って食べられる(座れるの?しかも朝食のことだけみていていいの?)、そんな優雅で贅沢な朝、セレブリティ〜な気分。

パンの耳担当

他にも、野菜の芯担当、かぼちゃの皮担当、お寿司のシャリ担当などなど、こだわりの一品を極める毎日。

東京タラレババァと化す毎日

「卒乳しタラダイエット!」「復職すレバ女取り戻せる」コメント欄には、優しい先輩たちから「卒乳したけど痩せませんよ」などの愛ある言葉が…。

ちいさな足の大きなパワー

謎ですか?でも充電できちゃうんです。なぜこうするのか?それは、そこに足があるから。

夢のような自由な時間なんだけど…

子供を預けて外出。ゆっくり座って、人が作った美味しい食事、これこそ夢みてた時間のはずが、心配で思い切り満喫できず!

保活・そして保育園入園

「本当にこれで、良かったのかな。。。」「会えない時間が、愛育てるよね?」と前向きに自分に言い聞かせる夜。

きっと多くのママたちが、共感しすぎてクラッとするまで激しく頷いてしまったのでは?みんな同じだから大丈夫、むしろみんな同じだから、あんなことやこんなこと、みんな笑い飛ばしてしまいましょう。

そんな共感度マックスの漫画が、なんと書籍化されるそうです。

Instagramでは読めない書き下ろし作品もたっぷり入った240ページ、「骨身を削って書き下ろしたのに、骨身削られてない」渾身の作品群です。子育て中の人にはバイブルとして、これから子育てをする人には最強のテキストとして、一家に一冊欲しくなっちゃいますね。

育児中の方はもちろん、育児中でない人も、自分の中の苦悩を笑いに変えて立ち上がるヤマダモモコさんの漫画を読むと、笑った後になんだか底知れぬパワーと元気が出てくるはず。

Instagramでは最新作が更新されているので、要チェックです!実はヤマダモモコさんの投稿は、ユーモアいっぱいのハッシュタグの文章も大きな魅力なので、漫画はもちろん、このハッシュタグもぜひ読んで頂きたいと思います。

※この記事は作者であるヤマダモモコさんの許可を得て作成しています。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら