記事提供:Conobie

同じ親から生まれた姉妹。だけどそれぞれ個性も性格も違います。もちろんおやつの食べ方も違うのです!

姉妹と言えども、当たり前ですが別人格!性格もそれぞれ違います。

それが如実に表れているのが、おやつを食べる時だったりします。

ではでは、ケーキを食べる我が子たちの様子をご覧ください!

二人ともニッコニコで食べ始めますが…初っ端から食べ方に違いが!!

ゆっくり少量づつ味わう長女。

なんでも、ずっと美味しい時間が続いてほしいからだそうです(笑)

あまりにもチビチビ食べていると、私から「遅すぎる…!」注意が入ります。

ショートケーキのイチゴ、いつ食べるかで分かれると思うのですが長女は最後の最後まで取っておく派でした!

私も2人姉妹の長女なのですが、好物は最後に食べる派です。(笑)

そして次女はというと。

好きなものはガッツガツ行く男らしさを見せる次女。

ゆっくりなんて食べてられないもよう。大きな口でバクリ!と食べ進めます。

そんな次女ですから、イチゴは一番最初に食べます!

美味しいものは美味しいうちに。がモットー。

こんな正反対な2人がおやつを食べてると、やはり食べ終わりにタイムラグが発生するわけで、最終的にはこうなります。

姉のケーキを見つめる妹…!!

長女の機嫌が良ければここで少しもらえたりするので、次女の食べ方の方がお得かもしれません。(笑)

実はこれ、少し前の二人の食べ方なのですが、最近はまた少し変わってきました。

それはまた別の機会に~。

権利侵害申告はこちら