記事提供:messy

(C)messy

ここ数年は、どこに行ってもSNS用の写真を撮っている女性で溢れ返っている。もちろんSNS投稿者には男性もいるわけだが、特に多く目につくのはやはり女性だ。

彼女たちは「現在」を生きているのではない、現在を他者に見て評価してもらうための準備に常に命をかけている…私にはそんなふうに見える。

レストランに行けば運ばれてきた料理を撮影。友人同士で向かい合って無言で料理を撮影しているサマは何とも異様だ。

美味しくいただくために注文した料理なハズなのに、友人と楽しい時間を過ごす為に会ってるハズなのに、料理が冷めて味が落ちようが関係ない、数分間の沈黙も関係ない。

とにかく「かわいくておしゃれ」な写真を撮ることが最優先なのだ。

もっとも良く撮れた写真を後で加工し、SNSに投稿。「おしゃれな日常を送っている私」アピールが完了する。

ちなみに先日、『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で小嶋陽菜は「食事の写真を30枚ぐらい撮ったうえで一番よいものを選んで投稿する」と話していた。

私自身がその行為をしているわけではないから、SNS投稿している女性の真意はわからない。「おしゃれな日常アピールなんかじゃない」と憤慨する人もいるかもしれない。偏見かもしれない。

偏見に基づいた見方だと指摘されればそれまでだが、料理やら景色やらを撮影し、自分という人間の暮らしを他者に称賛してもらいたい行動は、“ホメられたい欲”だと思う。すなわち、承認欲求である。

母親はとかく自己犠牲を強いられがちだと書いたが、しかし母になった途端、様々な欲求が自動的に消滅するわけではない。承認欲求も消えないもののひとつだ。

しかし子供が小さいうちは行く場所も時間も何もかも制約されるのが現実で、特に「おしゃれ」な写真を撮影できるような場所に行けることはそうそうなくなるだろう。

だから、「カワイイ私」「おしゃれな暮らしを送っている私」、このアピールが「素敵なママの私」アピールにシフトしていくのではないだろうか。

美味しいものを食べる子供<美味しいものを食べさせる自分

「素敵なママ」をアピールするのにいちばん効力を発揮するのが、子供のために作った食事の写真だろう。

私もInstagram(以下、インスタ)のアカウントを持っている。

つい最近、いきなり見知らぬアカウントの女性にフォローされたことに気付いた。彼女の投稿を見てみると、そこには手作り離乳食の写真がズラリと並んでいた。

彼女にはどうやら生後4~5カ月ぐらいの子供がいるらしく、手の込んだ離乳食を用意している様子。それ自体は単純にすごいと思う。

手作りが良いかBFが良いかの考えは抜きにして、そこまで力を注げるバイタリティが羨ましいというか、自身が楽しくなければここまでできないだろうと思うので、私が「大変だ」と手こずっている項目を楽しんでできていることに、「いいなぁ」と思うばかり。

おかゆ一つでさえ、小分けにして今から保存しますという写真を載せ、おかずはお洒落な器に盛り、色とりどりに盛られている。

「ゴックン期からモグモグ期に移行中」などと、キャッチーな育児用語(私には違いが分からない)もちゃんと用いる。

3月の雛祭りの時期には、ちらしずしケーキ(完全にちらしずしなのだが、ケーキのようにホール状にして具を盛りつける)が堂々たる登場。

フォロワーからは『すごいっ!愛だねぇ♡♡』『〇〇ちゃん(投稿者)を見てるとホントいいお母さんで子育て楽しそうっ♡♡』『こんなにしてもらえて△△ちゃん(子供)は幸せ者だなぁ♡♡』などのコメントが相次いでいる。

『いや、4カ月じゃ食えないだろ…』と思ってしまった私は、彼女たちがイメージする“良いママ”からはきっと外れていることだろう。

食べられるかどうかは問題ではなく、子供のための食事やイベントに手間隙をかけていることが「愛だね~」「△△ちゃんは幸せ者♡」というコメントに値するのだ。

子供を愛してるママっぽいことをすれば、良いママと称賛される。肝心の子供がどう受け止めているのかは関係ない。そこに私はどうしても鼻白んでしまう。

見知らぬこの投稿者は、「子供のためにここまでやってる私」を他者に評価してもらいたいのだろうか。

私もかなり本格的に離乳食作りに挑んだことが何度かあるが、少なくとも調理途中でいちいちスマホで写真を撮るほどの余裕はなかった。

もちろん、自己満足の範疇で育児日記代わりにインスタを利用している可能性だってあるし、いちいち「写真に撮る→インスタにUPする」ことが、その人にとってごく自然な動作になっており煩わしさを覚えることがないのかもしれないが。

「それが私の普通だ」と言われてしまえば返す言葉もないけれど、そういう写真の投稿は、美味しいものを食べる子供ではなくて、美味しいものを食べさせる自分にフォーカスしているように見えてしまう。

幼い子供は最も“美しい景色”

Facebookでは、遥か昔に友達申請し合って何年も付き合いがない間柄の知人からも近況が届いてくることがある。

ある古い友人は結婚前から、髪型・服装・メイク全て流行に沿ったものをチョイスするタイプで、いわゆる「量産型」と揶揄される女性だった。

どんなときも「かわいい」「おしゃれ」を最重要視していることが見てとれ、友人たちはFBに「〇〇ちゃんやっぱカワイイな~」とコメントするのが「お約束」になっていた。

そんな彼女も数年前に結婚・出産し、最近は家族写真をSNSに投稿することが多くなっている。主に、自分と娘の2ショット写真だ。

可愛い我が子と自分の2ショット写真ぐらいは、親なら誰だって記念に撮るだろう。

でも決定的に「?」マークがついてしまうのは、彼女が投稿するどの写真も、娘がピンボケしていたり「えっこんな顔だったっけ…」と思ってしまうほど酷い写りであろうとも、母親が綺麗に撮れてる写真だということだ。

あくまで「△△(娘)とお買いもの中」とか、娘との時間を大切にしている主旨の投稿であるにもかかわらず、娘にピントが当てられていない。

もちろんコメントには「ママになっても変わらずカワイイ!」「こんな可愛いママで△△ちゃんは幸せだねっ!」というお決まりフレーズが軒並み連なっている。大袈裟でも創作でもなく、本当にそうなっているのだ。

こういった女性は多く存在し、他人の投稿をたまに覗いてみるとやはり同じようなことがあちこちで見受けられる。

ある知人女性は、芸能人気取り(?)のセレブママをイメージしている装いで、娘との2ショットを頻繁に投稿しているが、こちらもやはり様子がおかしい。

まるでファッション誌のモデルかのように自身がスタイルよく見える角度でポージングを決めていたり、小顔に見えるような写り方をしていたり…どう見ても子供と記念に撮っているようなテンションではない。

2ショットであるはずの子供はと言えば、完全にカメラ目線からそれて別の所に注意がいってしまっていたり、フレームアウトしていたりする。何度も撮りなおしているうちに子供が飽きて動き出してしまうのだろう。

「立派に母親業をやってます」や「ママと子供の穏やかで優しい時間」というテーマはブレない。でも、他者に見てもらいたいのはやはり「自分」。「ママになっても相変わらずカワイイ!」を得なくてはならないから、子供とセット撮影なのは必須だ。

こんな小姑の小言みたいな発言をするのはよくないが、SNS上では子供が自分を引き立てるためのアクセサリー状態になっているんじゃないか、としばしば思う。

ママは他者の承認を求めるなとか(夫と子がいりゃいーじゃないか、とか)、オシャレしてるヒマがあったら子の世話してろとか、そういうのも絶対違う。髪を振り乱して睡眠を削って育児に翻弄されてるのが「正しい母親の姿」だなんておかしい。

一方で、「ステキな自分」演出に余念がない彼女らの投稿を見ると、げんなりする。

誰か私をホメてくれよ~~~という「圧」を感じる。つまり、幸せそうな演出の裏側にある孤独感や焦燥感が透けて見えて、しんどい。

いちばん周囲を騙せるツールはSNS

過剰ともとれるほどの承認欲求を抱える彼女たちの心にあるものは一体何なのか。まるで他者からの称賛を得なければ呼吸ができなくなりそうな勢いにも見える。

彼女たちにはこれまでマウントし合ってきた歴史があって、他者より自分が優位に立っていたいという願望、というか、優位に立っていなければならないという強迫観念が染み付いているのかもしれない。

その願望をSNSというツールは手っ取り早く叶えてくれる、ように見える。

でも実際、それは「手っ取り早い」ことだろうか?

私はSNS用に写真を何十回も撮りなおさないしステキ加工を施した投稿もしないが、それは面倒だからである。

母性たっぷりの表情で愛おしげに、なおかつ美しい顔で子供との2ショット写真を載せるとする。後ろには観葉植物やらお洒落なインテリアが絶妙な具合で写りこんでいたとしよう。

コメントには「良いママ♡」や「ママになってもキレイ♡」「幸せそう♡」などが連なることだろう。

しかし、その写真を投稿するには、薄化粧に見せつつも綺麗に着飾り、愛おしそうな表情で我が子を見つめ、最高の角度でシャッターを押し、画像を確認して何回も撮り直し、納得がいったらアプリを駆使してさらに美しく加工する必要がある。

これで「綺麗で優しいママ」「幸せな家庭」「親子の優しい時間」の完成。手間隙がすごい。

SNSはあくまで「日々の生活風景を載せる」ことを主体としている(ハズ)だから、たったその写真1枚だけで見た側に「これが私の日常」と思い込ませることができ、「幸せ」や「リア充」を装うことが出来るが、結構な労力だと思う。

風景を選び、完璧なメイク&服選びに光の当たり方や角度、それに加えて加工作業まで…となると、日常どころか「海外旅行いってきました!」ぐらい大イベントな写真のはずだ。

仮に全く同じ写真を、特定の友人にLINEなどで送ったらどうだろうか?「これが日常」だと思い込ませられるだろうか?恐らく相手は「わざわざ撮った特別な写真」として認識するだろう。

SNSは「通りすがり」並に“さりげなく”幸せさ、裕福さ、美しさを見せることができる。

時間や労力を犠牲にして撮った最高の1枚でも、「何気なく撮った日常的な1枚」に見せることができる。偽りの自分を演出しやすい。だからハマる人もいるし、私には面倒くさい。

うっかり純粋に、「ああ、ステキな日常!なんて素晴らしいママ!」と数枚の写真を信じて、「それにひきかえ、私なんて…」と卑下してはいけない。インスタ以前、アメブロでママタレ参入が流行った時代にも同じような空気だった。

<いつも笑顔で優しくて、子供に愛情をたっぷり注いでいるママ>の姿を見せ付けられて、しんどくなる母親。また、そういう表面を信じて「女は子育て得意だろ」と信じ込む男性や、独身の若い女性。

演出されたSNS上の虚像を素直に受け止めてしまうと、子供を産めばどんな女性も、聖母になれるんだろうと誤解してしまう。

私(30代)が漠然と抱いていた母親のイメージは「母乳」「抱っこ」「添い寝」などがあり、私も何の疑いもなくそこを目指した。それは自分が幼い頃~独身時代に見てきた自分の母や周囲の母になった女性がそうしていたからだ。

私の場合は実践していく中でそれらがあまりに肌に合わず、今の私の子育ては過去にイメージしていたそれではなくなっているが、方向転換は決して容易ではなかった。自分の意識を根底からグルッと変えるのって、非常に難しいことだ。

実は先日、怖い現場に遭遇した。

外出先で、幼い子供と2ショットで自撮りに励んでいる母親を見た。お子さん2人を連れているが、3ショットではなく2ショット。

というのも、大きいほうの子供(でも未就学児だと思う)はあちこち走り回っていたから、おとなしく写真におさまる感じではないのだろう。

「ハイ、チーズ、パシャ」で終わるような単純なものではなく、何度も自身の髪型を直し、角度や光の当たり具合を修正しているのか1枚を撮るのにかなり時間がかかっていた。

その間に、もう一人の男の子(おそらく上の子)が遊歩道の手すりに足をかけ、バランスを崩し転びかけた。危ない、と思った。母親も気付き、慌てて「何やってるの!!」と怒っていた。

やっぱり、目が離せないから子育ては怖いのだ。24時間キラキラかわいい状態での子育ては、どんな超人女性でも無理だと思う。演出もほどほどにしたほうがいい。

小出 愛

1981年生まれ、学生時代から10年以上スポーツ一本、卒業後はスポーツトレーナーとして第一線を志すも、いろいろあってパチ屋店員に。そこで旦那と出会い、結婚、2016年に第一子出産。

プロレスは知らないけど猪木が好き。ママ友ヒエラルキーには入りません。

権利侵害申告はこちら