出典 http://media.image.infoseek.co.jp

※ラジオ番組の書き起こしメディア「ラジおこし」から記事提供をいただきました。

TOKYO FM『よんぱち48 hours』の2014年7月4日放送分よりピックアップ。

今回のゲストは人間界の百獣の王・武井壮さん。先日ご出演されたTBSのサバイバル番組での裏話をお話しています!

酸欠でぶっ倒れたり、野生のゾウに急に遭遇したりなど、いろいろガチでやばい場面もあったみたいで(笑)

しゃべるひと

・武井壮さん(タレント、陸上競技選手、陸上競技・十種競技元日本チャンピオン)
・鈴木おさむさん(放送作家、脚本家、作詞家、パーソナリティ)
・三浦茉莉さん(フリーアナウンサー)

灼熱&高湿度のジャングルで…

鈴木:武井壮くんといえば、今週放送されたTBSのサバイバル番組で、危険生物がいるようなボルネオ島に行ってきたみたいだけど、ヤバかったんだって?

武井:ヤバかったです…(笑)酸欠みたいな感じになってしまったんですけど、それまでにもジャングルがやば過ぎて。

鈴木:何がヤバいの、ジャングル?

武井:まず、夜。火がないと、そこらじゅうに野生動物がいるんでなにが起きるかわからないんですよ。

鈴木:なにがいるの?ボルネオといえば。

武井:ヘビだのワニだのトカゲだのっていう類全部いるんですよ。

鈴木:ワニ!?

武井:ワニも川沿いに行ったらバシャバシャいるんで。昆虫も、まだ発見されてないような昆虫がワッサワッサいるくらいの(笑)

三浦:(笑)

武井:そんな勢いで、生物の宝庫みたいな。

で、1番ヤバいのがゾウ。ゾウって普通アフリカとかにいるイメージなんですけど、あのへんのゾウは森に住んでるんですよ。ジャングルのなかでいちばん危険なのがゾウなんですよ。

鈴木:野生の?

武井:野生のゾウです。これの何がヤバいかと言ったら、ジャングルは鬱蒼としててぼくら頭抱えたり隙間を縫わないと歩いていけないところを、ゾウは関係ないんですよ。「バキバキバキバキバキバキ…」って、全部引き倒していくんで、ゾウ型のトンネルができるんですよ。そんくらい、ゾウはジャングルの中で機動力が抜群なんですよ。

で、普通にのんびり寝てると踏み潰されるという可能性があるということで、ゾウに絶対踏み潰されないようにデカい木の根っこの内側とかで寝てくれ、と。

でも、そこで寝てちょっと経ったら全身アリだらけになってて。ブチブチ噛まれて、それが危険だっていって寝れなくて。で「これはしょうがないからシェルターを作ろう」ってなって、ベッドを作ったんですよ。それで、灼熱の湿度95%くらいあるジャングルの中で8時間くらい何十本も木を切り倒して、ベッドを作って。

「火も付けなきゃ」ってことで、汗びっちょびっちょになりながらフーフー2時間くらいやってるんですけど、湿度が高いから火が付ないんですよ!

それで、必死こいて吹いてたら酸欠と脱水といろんなのが襲ってきて体が痺れてきてふらふら~っと倒れちゃったんですよね(笑)

「ジャングルのゾウ」には勝てない

鈴木:ゾウは遭遇した?

武井:遭遇しました。

鈴木:ヤバい?

武井:ヤバいっす!かならず群れていて、子どもがいるんですよ。子どもがいると、子どもを守るためにすごい威嚇してきますし。

子どもがいるゾウって1番危険で、走って来られたらぼくらは走れない、逃げれないですけど、ゾウは関係なく来ますからあっという間にやられちゃいますね。

鈴木:やられちゃうの?前に「勝てる」って…(笑)

武井:勝てるんですよ。勝てるんですけど、それはいろんなシチュエーションを整えて…ぼくの場合はサバンナですよ。走って距離を取れるサバンナ。

鈴木:じゃあ、「森の中のゾウには勝てない」、でいいんですね?(笑)

武井:いえいえ…。そう言っちゃうとアレですけど…。

鈴木:勝てない、でいいんですよね?

武井:いえ、事前の準備が必要です。まず森を開墾して…

鈴木・三浦:wwww 「森を開墾」ってww

鈴木:じゃあ、森じゃないじゃないそれw

武井:まぁ、そうなんですけどね(笑)

だから、森で偶然「バッ」て出くわしてしまったら、準備ができてなかったら負ける可能性も出てくる、と。

三浦:「出てくる」(笑)

武井:そういうもんですよ、人間の社会も知らない相手っていうのは出てきますから。知らないところに行ったら負ける可能性が出てきます。

鈴木:ゾウって普段なかなかそういう姿を見ないけど、YouTubeとかたまに映像でゾウが本気で怒ってるのを見るけど、めちゃくちゃ早いし、すごいよね(笑)

武井:ふふっ、そうなんですよw

鈴木:足でポンてやると、ほんとライオンとかスポーンって飛んで行くじゃん(笑)

武井:そうなんですよ。カバも2トンあるやつらがゴロゴロ〜って10mくらい転がっていったり(笑)車とかも角でポンってやったら、ゴロゴロ〜って3回転くらいしちゃうくらいの。

おさむさん、「負けちゃうの?」ってそう簡単にいいますけど、そりゃ簡単には勝てないですよそんなもん(笑)

鈴木:ほか、ワニがいてカバはいなかったんだ?

武井:カバはいなかったですね。

鈴木:カバもやばいっていうもんね。

武井:カバは気性が荒いんですよ。カバも子どもがいると荒っぽくなって。

鈴木:あと、臆病だって言うよね。アフリカに行った時に「カバには気をつけろ」って言われたんだけど、ほんとにパクってやってボキッといっちゃうっていう。で、実は1番ヒトを襲ってるていうね。

武井:そうなんですよ。動物とヒトの死傷事故で1番死者が出てるのがカバ。

あと、サイ。サイは目がほとんど見えないから、動く大きいものに対して突進していく癖があって(笑)車とか電車とかに突っ込んでいって自殺しちゃう、っていう例が1番多いのがサイです。

鈴木:じゃあ、サイとカバにも勝てない、でいいですね。

武井:…、サイとカバはイージーです。

鈴木:ww 森のゾウだけはやばい?

武井:あれだけはヤバいです。

鈴木:NO開墾だったらやばい?w

武井:だって、ゾウを倒すのに小石が2000個くらい要るのに。膝に小石を2000発ぶつけるっていう作戦なんで。

ジャングルに小石があんまり落ちて無いんですよ(笑)硬めのダンゴムシとか集めるしかないんで(笑)

まとめ

逆に、サバンナのゾウ、サイとカバには勝てるのかw でも「武井壮なら、もしかしてマジで…?」って思わせるところがまたスゴい。動物に関する知識も豊富だし、いざとなったらその辺で生活して生き延びちゃいそうですもんね。

そういう意味で、彼は「地球上で最も強い人間」なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス