記事提供:日刊大衆

バラエティ番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、タレントの平祐奈(18)が明かした家族とのエピソードが大きな話題を集めている。

4月15日の放送で、平は「15歳まで父親と一緒にお風呂に入っていた」や、「今でも父親と一緒に寝ている」といったエピソードを披露。さらに、平家の「20歳になるまでしてはいけない禁止事項」が明かされた。

まず、最初は「眉毛をそったらダメ」。これは、“不良っぽい”という一般的な理由ではなく、“運命が変わってしまう”という理由で禁止されているらしい。

そして次は「コーヒーと炭酸は飲んじゃダメ」。こちらは“骨が成長途中だから”ということから禁止されており、平は「20歳に炭酸で乾杯したい」と将来の夢を語っていた。

かなり独特で厳しい平家のルールに、視聴者も驚いたようだ。ネットには「炭酸禁止とか絶対無理!私だったら速攻で家出するわ」「いいとこのお嬢様感がすごい!大事に育てられてるんだなぁ」「平家が謎すぎる」といったコメントが上がっていた。

姉の平愛梨(32)も、2015年11月24日に放送された『志村の時間』(フジテレビ系)で、平家の厳格なルールについて語っている。

やはり“炭酸禁止”についても触れており、「母が古風な人で、わが家では炭酸は20歳まで禁止なんです、骨が完成してないから。アルコールはお産があがってから飲みなさいって教えられていて」と説明。

「お酒は40歳からと決めている」とも語り、スタジオを騒然とさせた。

「この日の『メレンゲ』で、平祐奈は恋愛についても話していて、“20歳ぐらいになったら”なんて言っていたんです。今の子にしては珍しい純粋さですよね」(芸能誌ライター)

――そんな浮世離れした一面も、また魅力?

権利侵害申告はこちら