MONDO GROOSOとは

プロデューサー、DJ として活動する大沢伸一さんのプロジェクト、MONDO GROSSO(モンド・グロッソ)が14年ぶりに再始動することが先日発表されました。

MONDO GROSSOという名前を聞いて「懐かしい」と思った世代の方も多いのではないでしょうか?MONDO GROSSOは1990-2000年代、クラブシーンにおいても、メジャーシーンにおいても、国内のみならず世界中に名を轟かせた伝説のプロジェクトだったんです。

MONDO GROSSOは19991年に京都でバンドとして産声を上げ、1993年にアルバム『MONDO GROSSO』でメジャーデビューを果たします。当時流行していたアシッドジャズムーブメントの日本代表格として高い評価を得て、ヨーロッパのクラブでもMONDO GROSSOの曲がヘビープレイされます。

1996年にバンドとしてのMONDO GROSSOは解散し、大沢伸一が様々なアーティストをフィーチャーするソロユニットとなり、1997年にリリースしたアルバム「CLOSER」からR&Bをベースにした音楽に傾倒していきます。

プロデューサーとしても、UACHARAMonday満ちるなどを手掛け、デビュー時からトータルプロデュースを手掛けたbirdは、デビューアルバム「bird」で80万枚という大ヒットを記録し日本ゴールドディスク大賞新人賞も受賞します。

2000年、ジャズ、ラテン、R&Bなど大沢サウンドの集大成ともいえるアルバム「MG4」が世界25ヵ国でリリースされ15 万枚のセールスを記録。アルバムからシングルカットされた、初の日本語楽曲「LIFE feat.bird」がANA のCM ソングにも起用されスマッシュヒット作品となります。

以後、BoAKj (Dragon Ash)UA らをフィーチャーし、ハウスミュージックに
傾倒した2003年リリースのアルバム「NEXT WAVE」が15 万枚のセールス。MONDO GROSSOとしての活動は停まるものの、大沢伸一名義としてのアルバムリリース、世界中を駆け回るDJ、多くのアーティストのプロデュースやリミックスワークなど精力的に活動を続けます。

14年ぶりにMONDO GROSSO始動

そして2017年、14年の空白の時を経て、MONDO GROSSOが再始動します。

先行してSoundCloudで解禁された楽曲「ラビリンス」と、黒猫を抱えた女性のジャケット写真が公開されると、「このボーカルの女性は誰?」と話題になります。

皆さんもこの声と写真で誰か分かりますか??

そして4月28日、この女性が自身のInstagramでベールを脱ぎます。

謎の女性ボーカルは女優の満島ひかりさんでした!

ボーカリストは満島ひかり

満島ひかりさんは三浦大知さんやAKINAさんも在籍したグループ、Folderのメンバーとして活動し、後に女優として多くのドラマや映画、舞台に出演、今や日本を代表する女優として大活躍しています。

昨年、NHKで放送されたドラマ「トットてれび」では満島さんと三浦さんが16年ぶりに共演を果たし、話題となりました。

また、今年1月にTBSで放送されたドラマ「カルテット」では、ドラマ出演者である松たか子さん、高橋一生さん、松田龍平さんらと共に、番組限定ユニット“Doughnuts Hole”として、椎名林檎さんが書き下ろした主題歌「おとなの掟」にも参加していました。

満島ひかりさんをボーカルに迎えたMONDO GROSSO「ラビリンス」は昨日、YouTubeでリリックビデオが公開されました。

出典 YouTube

birdと17年ぶりのコラボレーション

また、満島さんに加え、参加ボーカリスト第一弾として、MONDO GROSSO最大のヒットである「LIFE」から17年ぶりのコラボレーションとなるbirdさんの参加と、フェンダーローズのプレイヤーとしてその音色に数多くのファンを持つINO hidefumiさんも、6月7日にリリースされるニューアルバムのボーカリストとして起用されることも発表されました。

INO hidefumi

出典 http://www.mondogrosso.com

この第一弾ボーカリストの発表を受け、MONDO GROSSO関連のキーワードがトレンド入りを果たし、Twitterでも多くの反響が寄せられました。

当時、MONDO GROSSOを聴いていた世代の「懐かしい」という声と同時に、14年ぶりの作品に期待する声も多く寄せられました。

14年ぶりにMONDO GROSSOを始動させた大沢伸一さんは以下のようにコメントしています。

「休止している間、日本の音楽シーンを見たわけですが、90年代に僕らが切り崩そうとしたJ-POPへの野心的な挑戦が滞っているのかなと。であれば、MONDO GROSSOとしてその要素のひとつになりたいと思いました。日本とか海外とかをセグメントしないMONDO GROSSOの視点で、敢えて日本語曲を作るという。リリックは日本語ですが、現在の日本の音楽シーンのことは逆に意識しないようにして曲を作る、そういうバランスで。」

出典 https://dayout.tokyobookmark.net

6月7日に発売されることが決定したMONDO GROSSOのニューアルバムのタイトルは、

何度でも新しく生まれる

出典 http://www.mondogrosso.com

2017年に新しく生まれたMONDO GROSSOの野心的な挑戦と活動に期待が高まります。第2弾以降の参加ボーカリストも続々と発表されるようなので楽しみにしたいですね。

この記事を書いたユーザー

SECOND FUNCTION このユーザーの他の記事を見る

avex music creative “SECOND FUNCTION”

得意ジャンル
  • 音楽
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら