記事提供:日刊SPA!

ここ数年、テレビドラマやCMで再び脚光を浴びている斉藤由貴。'80年代はアイドルとして絶大な人気を誇っていた彼女だが、結婚し、3児の母になり、仕事をセーブしていた時期も。

それが、ここにきて“女優・斉藤由貴”が大ブレイク中なのである。三谷幸喜や宮藤官九郎など異才のクリエイターたちがラブコールを送り続ける“女優・斉藤由貴”の魅力とは?母であり、女優であり続ける彼女の素顔に迫った――。

――最近、あちこちで“50歳で再ブレイク”と言われていますが、ご自身に実感はありますか?

斉藤:あまり実感がなくて不思議な感じがします。ただここ数年、おもしろいな、やりたいなと思えるお仕事をいただける機会が増えたのが、再ブレイクという評価のおかげだとしたら本当にありがたいです。

――お仕事の質が変わったなと思うきっかけはあったんですか?

斉藤:5年ほど前にダイエットをして、自分の肉体的なことを見直したんです。そこから、いただく役の幅が広がった気がしますね。3か月で11kg、厳密には2か月で10kg落としたので。

――それはすごいですね。なぜダイエットを決意されたんですか?

斉藤:直接のきっかけは、ふだん寡黙で女優業に対して何も言わない父が、テレビに出ている私を見て「由貴は背中が丸いな」と言ったらしくて。「父に言われるって相当だな」と危機感を覚えたんです(笑)。

それまではどこか理屈に逃げていて、演技が肉体表現だという基本をおろそかにしていたんですが、肉体的な鍛錬や努力の積み重ねって、観念的な演技論なんかよりずっと大事だなというのをあらためて実感しました。

――現在放送中のドラマ『警視庁・捜査一課長』では、足掛け5年にわたって同じ役を演じていますが、現場の雰囲気はいかがですか?

斉藤:共演するみなさんを全面的に信頼して心が開ける貴重な現場ですね。特に金田明夫さんが裏でずっとしゃべっているのがおもしろくて。すごく繊細で気を使う方なので、その裏返しだと思うんですけど。

――斉藤さんは、台本を事前に覚えるのではなく、現場でやりとりしながら頭に入れていくそうですが。

斉藤:自分で覚えてきた台詞をただしゃべることに意義を感じないというか。その場で共演者の方と小さな化学変化のようなものが起きていくのが好きなんです。

――最近では、宮藤官九郎さん脚本のドラマ『ごめんね青春!』や、三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ『真田丸』での演技が印象的でした。コメディの天才から、ともにコメディエンヌとして評価されていますよね。

斉藤:それはすごく嬉しいです。自分の中に、“おもしろいことは上質である”という強い信念があるので。

美しいとか、かっこいいということにももちろん存在意義はあるけど、私は自分をよく見せることよりも、見ている人を楽しくさせることが一番大事だと考えています。

※このインタビューは4/25発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです。

【斉藤由貴】

女優、歌手、エッセイスト。

'84年に芸能界デビュー後、ドラマ『スケバン刑事』(CX)、『はね駒』(NHK)、『吾輩は主婦である』(TBS)など多数のヒット作に出演、最近では、『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK)の名演技も注目を浴びた。

日刊SPA!のおすすめ記事】

権利侵害申告はこちら