人気ロックバンド:GLAY

出典 http://www.glay.co.jp

1988年、北海道函館市でTERU・TAKUROを中心に結成。その後TAKUROの高校時代の友人であったHISASHI、さらに上京後、地元が一緒で顔見知りだったJIROを加え1994年シングル「RAIN」でメジャーデビュー。1997年にリリースされた初のベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』は487万枚を売り上げ(出荷枚数は500万枚を突破)、当時のアルバムの売り上げ日本記録を更新して歴代1位となった。

出典 https://ja.wikipedia.org

1994年にメジャーデビューし、2014年に20周年を迎えたロックバンド。
2016年1月にリリースした53枚目のシングル「G4・IV」が オリコン・ウィークリーチャート1位を獲得し、TOP10入りは1996年「グロリアス」以来、21年連続、歴代同率1位。

出典 http://www.glay.co.jp

由来には諸説あるが、Jun GrayやBOØWYの歌詞がもとになっている、とHISASHIは証言している。

音楽のジャンルが黒(ロック)でもなければ白(ポップ)でもないという意味で、TAKUROがGRAY(英語で"灰色"の意)を考案し、ビートルズがバンド名を造語にしたことに因み、"R"を"L"とした。また函館の冬空の色(灰色)にもかけている。

出典 https://ja.wikipedia.org

JIROが体調不良で出演をキャンセル

出典 http://www.glay.co.jp

現在行われているツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-」で4月25日(火)に予定されていた石川・金沢歌劇座公演で、ベースを担当するメンバーのJIROさんが体調不良により急遽出演をキャンセルすることとなってしました。

JIRO

出典 http://www.glay.co.jp

メンバーのJIROが体調不良によりドクターストップがかかり、上記の公演は欠席となります。

出典 http://www.glay.co.jp

しかし、この不測の事態にGLAYが”神対応”

JIROさんの出演キャンセルに伴い、公演を楽しみにしていたファンはとてもガッカリしたことと思います。

しかし、この事態にGLAYから”神対応”が行われました!これにはファンからは歓喜と絶賛の声が多数寄せられました。

4月25日の公演につきましては、TERU、TAKURO、HISASHIが登壇し、予定しておりました演出内容を変更して実施させていただきますが、改めて完全体のGLAYとして5月24日(水)に振替公演も実施いたします。

<4月25日(火)のチケットをお持ちのお客様は、4月25日(火)の公演並びに5月24日(水)の振替公演もご来場いただけます>

出典 http://www.glay.co.jp

なんと、今回の4月25日公演の振替公演を5月24日に行うことを発表しました!さらに、ただ振替公演を行うだけでなく、4月25日のチケットを持っている人は4月25日、5月24日両日の公演に参加できるということなのです!

また、振替公演の日程によりご参加いただけないお客様に対しての払い戻しも実施いたします。

出典 http://www.glay.co.jp

5月24日の公演に参加できない方には払い戻しを行う旨もアナウンスされました。

各メンバーからもコメントが

ボーカルのTERUさんは公演会場の金沢歌劇場をバックに頭を下げる写真を自身のインスタグラムに投稿し、その投稿にはギターを担当するTAKUROさんのコメントが掲載されました。

TAKUROコメント

ファンの皆様からは日頃より多大なるご支援を頂き誠にありがとうございます。GLAYのギターのTAKUROです。皆様にご報告があります。GLAYのベーシストであるJIROが突然の体調不良により、明日4月25日の金沢歌劇座での公演への出演する事が出来なくなりました。楽しみにしてくれていた方々には大変申し訳なく思っております。

現在JIROは快方に向かっておりますが、お医者様のアドバイスもあり大事を取り療養しております。健康が回復し次第ステージに戻って来ます。明日の金沢公演に関しましてはボーカルのTERUやギターのHISASHIやコンサート制作スタッフと何度も協議を重ねた結果、中止という選択は取らず楽しみにしていてくれたファンの皆様へ出来る限りの事をしたいと思いステージに立つ所存であります。ご迷惑をおかけしますがこれからもよろしくお願い致します。

出典 https://www.instagram.com

ギターのHISASHIさんからは不安に思うファンへ向けて、しっかりと楽しませる自信があるという頼もしいコメントも。

これがGLAYなんだよ!!

公演を楽しみしていたファンに与えてしまったガッカリ感を払拭して余りある、まさに”神対応”にファンからは「これがGLAY!」といった声が多数寄せられました。

20年以上もう多くのファンに愛され、音楽業界の第一線で活躍するバンドの懐の深さを改めて感じさせられました。まさにピンチをチャンスに変え、従来のファンはもちろん、これをきっかけにGLAYのファンになったという人もいるのではないでしょうか?

払い戻しについて

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら