記事提供:Techinsight

現在人気急上昇中のお笑い芸人みやぞん(ANZEN漫才)が25日、都内で開催された商品PRイベントに出席した。

この日、32歳の誕生日を迎えたみやぞんは、エアギターパフォーマンスなどでイベントを盛り上げ、「こんな最高な誕生日ないです」と細い目をさらに細めて喜びを爆発させた。

『キリン メッツ グレープフルーツ 刺激的リニューアル記者発表会』に、同商品CMに出演しているみやぞん、DJ KOO、中尾彬が登壇した。

イベントで司会者が「実は今日4月25日はみやぞんさんのお誕生日です」と告げると、DJ KOOが「ハッピーバースデー!イエーイ!」と祝福し、会場からも拍手が起こった。

32歳の抱負を聞かれ「今日よりも幸せに、明日よりも幸せに。自分の機嫌を自分でとって、そして楽しく明るく生きていきたいと思います!」と答えたみやぞん。

そして今回限りのスペシャルユニットとしてDJ KOOとパフォーマンスすることに。

アコースティックギターで1曲披露した後、『メッツ』の曲に合わせて、みやぞんがアコースティックギターを抱えて、飛んだりのけぞったりしながらアクロバティックなエアギターを披露、そこにDJ KOOが加わった。

中尾彬はこれに「迷惑な芸でしたね。もう二度とできないでしょう」と辛口コメント。それでも「中尾さんのファンになりました」と言うみやぞんとDJ KOOに中尾は「迷惑だよ」と渋い声で返した。

みやぞんのことを「知らない」という中尾に、レポーターが「身体能力がすごいんです」と説明すると、学生時代に体育・美術・音楽が得意だったというみやぞんは「野球もやってました。ソフトテニスでは足立区2位です」と伝えた。

みやぞんを一躍人気者にした『世界の果てまでイッテQ!』のコーナー「世界の果てまでイッタっきり」でもその身体能力の高さは実証済みだ。「そうなの?すげぇ!」とDJ KOOも驚き、中尾も「2位!」と感心したようだった。

みやぞんは「テニス、キャプテンだったんです。野球で使う右肩をかばって左手で(テニスを)やっていたけど、勝てないんで頭に来て、右に替えたら足立区2位になったんです」と妙な勝因を明かした。

改めてDJ KOOがラップ調に「誕生日おめでとう!32歳!」と祝福し、中尾も「おめでとう」と言葉をかけると、「こんな大御所の方に祝ってもらえる、こんな最高な誕生日ないです!ありがとうございます」と目を細めたまさに満面の笑みを見せた。

時間に追われるように降壇したみやぞんは「今日は夜中まで全部仕事です。プライベートは本当にないんです」と売れっ子ぶり実感しているようだった。

権利侵害申告はこちら